アプリネの情報日記

アトピー、精神障害、発達障害、を完治した情報など、様々な情報を発信するブログ

MENU

糖質制限の問題

糖質制限について持論を話します

 

糖質制限とは

 

人間のエネルギー源である、糖質、タンパク質、脂質のうち、糖質は不要で健康に悪いため排除しようという考え。

 

脳には色んな物質が入れないので、エネルギーになるのがぶどう糖です。

しかし脂質やタンパク質は肝臓でケトン体となり脳でエネルギーになる

だから糖質は不要と行った感じです。

 

これはとても偏った考えです。

ケトン体を作るのは肝臓なので肝臓に負担がかかりますし、効率のいい糖ではありません。アミノ酸を分解して作るので、体の負担が多いです。

糖質はすぐにエネルギーになりますし、エネルギー量や質ともに良いです。

 

 

しかし糖質にも悪いところはもちろんあります

 

例えば、砂糖、白米、小麦製品など糖質に偏った食品です。

糖質はビタミンとか栄養素を消費してエネルギーになります。

なので消費しきれない分は脂肪として蓄えられます。

糖質に偏った食品は糖質過剰にありますね。

この過剰な偏りが良くないのであって糖質は良いエネルギー元です。

 

こういう炭水化物は栄養が無いのにお腹を満たすので、いつも損して食べている感じです。

糖質が多い食べ物はたくさんありますね。

食物繊維が豊富な麦飯、芋類、ビタミン豊富な果物、健康効果の高い根菜など。

こういうので糖質を摂取すれば無駄な糖質が減らせると思う。

 

 

昔は腸内環境が良かったので、腸内で発酵してビタミンとか作り出していたので、白米食でもそこそこやっていけました。

糖質が全て悪いんだというのではなくて、極端な偏りが良くないんです。

血糖値の急上昇や、使用しきれない糖質。

 

野菜や果物で糖分摂取するとついでに栄養もついてきます。

栄養のない糖の塊でお腹を満たすより、野菜や果物や根菜の方が体の為にはなりますって事です。