アプリネの情報日記

アトピー、精神障害、発達障害、を完治した情報など、様々な情報を発信するブログ

MENU

自律神経の話

 自律神経の話
 

今まで食べ物など、体に取り入れる物などの事を話して来ましたが、今回は自律神経の話です。


自律神経には、交感神経と副交感神経があって、交感神経は、日中の仕事中とか緊張を強いる事などで、優位になります。
 
反対に副交感神経は、リラックスしている状態の事です。
 

今の社会はストレス社会で、副交感神経が弱っていて、リラックス出来ていない人が多いと思われます。


怒りやすい人、不安が大きい人、緊張しやすい人、疲れが取れない人などは交感神経が働きすぎている人だと思われます。
 

その為に疲れが取れず体が動かず、欝になる人や、疲れが取れにくい人、情緒不安定になる人がいます。


日中に交感神経が働くのは良いのですが、働きすぎは良くないし、寝る前でも仕事の事を考えたり、
 
スマホ、などやっているとリラックス出来ず、副交感神経に切り替わらないので、
 
睡眠が浅かったり、不眠、疲れが取れないなどの症状につながります。

つまり日中は程々に交感神経が優位で、寝る前には副交感神経が、優位になっていないといけないというのと、
 
睡眠の質は、入眠した時が一番良い睡眠なので、寝る前に副交感神経が働いていないと、よい睡眠になりません、
 

なので寝る前に過激な趣味をせず、にゆったり過ごして、明かりも弱くするといいです。
 

今の時代、過激なドラマ、映画、音楽、アダルトビデオ、格闘技、過激なネット動画、スマホやPCの、強い光などは、入眠を阻害します
 
他にも色々あるんでしょうね。


なのでブレーキである副交感神経を刺激して、リラックスする状態を作る事が大事です。

私なんかは、交感神経が働きすぎていたため、怒りやすい、不安が強い、余裕が無い、疲れが取れない、後は緊張しやすいため体が、物凄く硬かったです。
 

整体の先生には、力を抜くのが下手、緊張しやすい、と言われました。


自律神経を正すには、副交感神経を刺激することをすれば良い、という事になります。
 

それには色々ありますが、手軽にできるのは、爪もみ、ストレッチ、呼吸法など、落ち着いた音楽、ハーブティーもあります。
 

調べたらもっと色々、あるのだと思いますが、今は調べ中です。
 

私は仕事中にすごく疲れて、コーヒーを飲みたくなっていたんですが、呼吸を意識してすることに、よって全然疲れが違うという事が分かりました。
 

交感神経が優位になって、緊張していると呼吸が浅くなっています。
 
仕事や他の事に集中しているので、呼吸を忘れてしまうんですね。怒った時も深呼吸と言いますが、これは副交感神経を刺激して抑えようとする効果ですね。


今の時代パソコン仕事や下を向く仕事、スマホなどで下を向きがちです。
 

そうなると猫背のような状態になり、胸が狭くなるので、空気が入らず呼吸も浅くなります。
 

姿勢も悪くなりがちで、姿勢が悪い人は、呼吸も浅くなりがちなので、背筋を伸ばして呼吸を意識することが大事です。
 

呼吸が浅い人が、深呼吸したら頭までスッキリする感覚もあると思うし、元気が出てきますよ。
 

首にも大事な神経があるので、下を向いたり、首がこっている人は副交感神経が働きません。


そのような仕事、スマホでうつむくときは、適度に上をみて上げないと首の神経が圧迫されて、副交感神経が働かなくなってしまいます。
 

呼吸が浅いことで全身に酸素が回りませんし、疲れやすくなります。


全身が元気になることで、大事なのが自律神経と、もう一つ勧めたいのが水です。
 

人間の体の60%~70が水で出来ていると言われ、人の体にとても重要です
 

水が無ければ人は1週間で死んでしまうという程ですが、水を飲んでいる人は、以外と少ないかもしれません。
 

私は色々な効能があるお茶、を飲んだり、紅茶を飲んでいますが、水そのものを飲んでいないんですね。


コーヒーも、お茶も、紅茶も、利尿作用があり、水分を排出する効果があります。
清涼飲料水は論外ですね。
 

カリウムなどが多い食べ物も、水分を排出します。


最近のテレビでは、塩分を悪者にして、野菜が体に良いと言っているんですが、確かに体質によっては良いと思います。
 

私の場合は、テレビがダメだと言っていることをすると、逆に良い体質で、私は検査で体水分が少なく、水分不足と、機械の測定で出されました。
 

私は乾燥肌ですが、健康に良いお茶を飲んでいるし、野菜もとっているのにと思っていました。
 

しかしカリウムの摂りすぎは、水分を排出しすぎて、水不足になり様々な不調の原因になるのだと思いました。
 

赤ちゃんは水分量が80%ほどで、年を取るごとに減っていきます。

お年寄りになると手が乾燥したり、肌に潤いがない人が多いと思うし、血管のつまりにもなります。
 

なので野菜をとれば良い、というものでもなく、バランスが大事で、問題がある人は、自分のタイプを見極めて、体質改善をしたら良いと思う。


私の場合、飲み物をたくさん飲んでいるにもかかわらず、体内の水分不足です。
 

その為に良い水を飲もうと思い、飲み始めたのがシリカ水ですね。私はドクターウォーターというのを飲んでいます。
 
パックタイプがお買い得です。ミネラルが含まれ、シリカやサルフェート、炭酸水素イオンが豊富に含まれています。
 

このような水は、色々あって選ぶのに悩みましたが、値段と数値を見てこれに決めました。
 

飲むと普通の安い水と違って、もっと飲みたいとなり、たくさん飲んでしまいます。
 

体が水不足なので、体が求めているんだと思います。

人の体はそのくらい水が大事で、空腹も水不足と、勘違いしている事が多いそうです。
 

お坊さんの食事とか見ると、人は食べ過ぎているなと感じます。

食べ過ぎてしまう人も、お腹が減って余計なものを食べたくなったとき、良い水を飲むと、空腹が無くなるかもしれないですね。
 


世の中には凄い太っている人がいて、何故痩せないのかと悩み、しかし食べてしまうという人がいます。
 

これは明らかに異常な事で。自然ではありません。体は太って満たされているのに、空腹で食べてしまうというのは、やっぱり変ですよね。
 

それで余計な脂肪を蓄えてしまうという。今の社会のストレスもあるのだとされています。
 

私は怒りやすい人や気弱な人、緊張不安が強い人は、肌が荒れている人が多いと思います。
 

ストレスで荒れるんだと言われますが、ストレスに弱いから荒れるんだと思います。


副交感神経を優位にして、しっかり休息して、日中も落ち着いて、全身の血めぐりを良くして、良い水を飲んでいれば、心も見た目も潤って、幸せになると思いますよ。
 

乾燥気味の人は、カリウム含む野菜、茶などは控えて、良い水を飲めばそんなに、塩分を恐れる必要はないと思う。
 

塩分は体に熱を与えてくれるので、冷え性には大事です。


私は音楽が大好きで、好きな音楽を聞いてると、とても幸せだと感じます。
 
そして生きている、生かされている事に感謝するし、とにかく幸せです。
 

でも私は、まだまだ体が弱く、色々な問題があるので、まだまだ精進しなければならないです。


追記

私がやっている自律神経の調整法は爪もみ、姿勢正して正しい呼吸、後は首ウォーマーというのを買って首に付けています。

首には副交感神経がたくさんあるのですか、この首ウォーマーは、ナノプラチナと天然鉱石が入っており、首の血流をよくする働きがあります。
 

私が一晩寝て起きたら、すっきりして早起きしました。朝はいつも時間ギリギリにだるく起きて、朝ごはんも食べれないのに。
 

もっと寝たいという感じになりません。

そもそも付けて寝た時に、血流が良くなるのが分かって、首の血流が良くなったら、手とかいつも冷えるところが熱くなりました。

そして体がすごく軽くて、元気で、人と話すことや、声を発するのが苦手でしたが、喋りも変わりました。

これはリラックスして緊張がとれて、口元の緊張が取れたことで話しやすくなったり、精神的にも明るくなったと思います。
 

疲れも軽減され、仕事帰りの歩きでは足の可動域が広がり、大股で早歩きで歩けました。

副交感神経が刺激され緊張がほぐれた事で、喋りから、歩き、疲れから気持ちまで、劇的な変化がありました。

私は緊張しやすく、体が固く、ストレスをためやすい、言いたいことが言えない、疲れやすい、起きにくい、など体質がとても合ったんだと思うし、
 
自律神経が乱れている人や首が不調な人は疲れとり首ウォーマーを試してみる事をオススメします。
 

本も付いてくるので勉強にもなります。
 

というか下を向いての作業、PC作業とかは首が凝るから必須級・・・なんて
自分はもう脱げません、っていうレベル
 
 
金属アレルギーの人は注意ですね。