原因解明ブログ

アトピー、精神障害、発達障害、を完治した情報など、様々な情報を発信するブログ

MENU

テレビを見ると、怒りと不満を植え付けられる 。感情を操られない為に。



テレビが負のエネルギーへと引き込む


例えばテレビで少女が誘拐されたとか、殺人事件が起きたとか報道すると、自分の子供ちゃんと見なきゃとか注意しなきゃと思いますね。

 

それはテレビの影響ではなく、普段からするべきことです。昔からそういう事件はあるし、事件のたびに改めてしっかりしないとでは遅いと思う。

 

政治でも、テレビの影響で、政治家はだらしないとか、だめだとか不満ばかりになってしまいます。

 

殺人事件とかよくテレビでやりますね。あれ見ると、中にはすっごい悲しくて可哀そうな事件もあります。

 

テレビ見てて、悲惨だし、悲しい出来事、でもこっちがそういう気持ちになるために、テレビを見る必要ってある?って話です。

 

 

怒り

 

 

不幸なお知らせは、不幸を呼び寄せる

 

 

テレビが無いと、凄く明るく育つそうです。

そういう悲しいニュースを見ると人は必ず、メンタルに影響を与えられます。

 

この人が浮気しました!ってテレビでやって、スタジオで皆が、だめですよねーとか許せませんねーとか、バカですねーとか言ってます。

 

それを見て、影響されて、不倫なんかしてバカだ!許せない!、処罰しろ!

って気持ちになる人もいると思う。

 

でもそのメンタルって、怒ってる状態なので、幸せな状態ではないです。

怒りって不幸な状態です。

 

そういうものに影響されていくと自分が、不幸メンタルに、引きずり込まれてしまうんです。

 

特に影響されやすい人、怒りやすい人、不満を感じやすい人は要注意!

 



そういう怒りの押し売り、不幸の、不満の押し売りに気を付けましょう。

 

そういう人には、近づかない、見ないのが一番です。

 

 

テレビを信じ込むだけでなく、自分でも考えてみよう

 


震災の時も3月8日のM7.0くらいの地震で避難しようとしたら家族にばかにされた私です。

 

3.11の時の9.0の地震も、誰も危機感無くて、ゆっくり避難したり、海を見に行く人までいた。

 

普段から危機意識が高くて、普段から考えていて、知識もあればこんな事は無い。

 

皆津波なんて来るわけがないと、避難していた時に、私はこれだけ地震が大きければ、どこに避難しても死ぬかもしれないと思っていた。

 

私の場合、危機意識が高すぎのかもしれないが、命がかかっているから焦っていました。


テレビは更に必要以上の不安や恐怖を与えて、どうするべきかを教えない。


忘れてはいけないとか、この事件を教訓にとか抽象的な事ばかり。

 

大地震が来たら、津波が来るから逃げなきゃいけないという事を、伝えなきゃいけない。

 

そして津波の恐ろしさを伝えなければいけないし、知らないといけない。


日本人は日本特有らしいですが、悲しいエピソードを笑いながら楽しく話すことができるようで、外人は驚きます



基本的に自分は、ニュースをみていて負の感情に、引き込まれることは無くなりました。



ニュースを見て本気で怒る人がいるんですよね。
それは間違ってるんじゃないかなって思います。

 



そういう怒りや不満に引き込まれて戦争に行っちゃうんだろうなーって思う。

感情的にならずに、何をするべきかが、大事っ