アプリネの情報日記

アトピー、精神障害、発達障害、を完治した情報など、様々な情報を発信するブログ

MENU

ハゲの本当の原因

今日は薄毛についてお話します。

 

薄毛といっても色々種類があります。

 

ストレス性、アレルギー性、男性型。

 

この中でアレルギー性と、男性型を話をしていきます。

 

 

ハゲ

そのまんま東??

 

まずアレルギー性ですが、原因はアレルゲンにあり、食べ物、風呂、服、洗剤、シャンプー、石けん、洗顔、香料、カビなど触れるものにあります。

 

 

まずアレルゲンを特定し、排除することが解決となります。

 

 

バラ科のアレルギーがあれば、入浴剤や他人の香水、服についた香料、シャンプーにもよく花のエキスが使われます。

 

 

バラ科の成分、食べ物を勉強することが必要です。

 

 

アレルギー表で、ヨモギがあれば、ヨモギはキク科なので、キク科全てにアレルギーが起きることもあります。

 

 

そうなれば化粧品に、カミツレエキスが多く使われており、シャンプー、洗剤、入浴剤、化粧品、香水などキク科のエキスに注意です。

 

 

ゴボウエキスも多いのですが、キク科です。

 

生薬系の入浴剤、シャンプーなども要注意ですね。

 

 

とにかくアレルゲンを特定し、徹底排除、勉強が必要です。

 

 私の場合、アレルギー性と男性型を、同時発症させてると思う。

 

金属アレルギーで血行が悪く、にんにくアレルギーで、物凄い頭皮の痒み。

かなりの髪の毛をアレルギーで失いました。

 

 

男性型脱毛症について

 

ほとんどの薄毛が、男性型脱毛症と言われています。

 

 

最初に原因の答えを言いますが、これは老化現象だと思う。

 

ネットでも専門機関でも、色々言われていますね。

 

 

現代社会だと、スマホなどネット環境で、目を酷使するのも原因です。

 

 

何故老化するとハゲるのか?

 

最近若い人でも禿げてる人が増えているそうです。

 

 

でも割合としてはやはり、年をとった方が多いです。

 

 

ハゲの原因は、生活習慣病とも言われます。

 

運動不足、栄養不足、ストレス、睡眠不足など

 

運動不足になると、脂肪がたまり老化物質を出します。お腹で固まった脂肪が酸化してどんどん老化していきます。

 

 

筋肉も少なければ、若返りホルモンも出ません。なので筋力を増やすことが大事です。

 

栄養不足も老化物質がたまる原因です。

 

 

炭水化物や脂肪ばっかりの食事をしていると、栄養素が足りなくなり、老化物質を生み出します。

 

 

5αリダクターゼという酵素が、悪玉男性ホルモンの原因ですが

 

これを抑制するものが、二型だとリモネン、イソフラボン、亜鉛 一型だと緑茶、チョウジ、サンショウなどですが、全部、老化防止の抗酸化物質です。

 

 

 

逆に増やすのがラーメン、ポテチ、コーラなど。

 

糖質や脂質を分解するために、ビタミンやミネラルが消費され、体内の栄養が枯渇し、老化していきます。

 

 

ストレスは、副腎皮質の事ですが、副腎は老化と関係しています。ホルモンを作る臓器なので大切です。

 

 

副腎を元気にするには、ビタミンCやミネラルが必要。

 

 

なので果物を食べたほうが、ストレスにもメンタルにも、髪にもいいです。

 

 

私はホルモンが不足して、老化して、ホルモンが足りないから、悪玉ホルモンを出しているんだと思いますね。

 

 

ですからハゲがやるべきことって、育毛剤塗ったり、シャンプーこだわったり、ミノキシジルとか薬飲むよりも、まず運動と食生活。

 

 

 

不思議な事に、この前書いた痩せる方法、ダイエットについて、と同じ結論でした。

 

 

禿げてる人の特徴って、アレルギー体質とか、肥満かガリ、目が奥まっている、挙動不信というのがあります。

 

 

 

肥満か痩せというのは、運動と食事が原因です。

 

東洋医学で、恐怖が強い人は腎が弱いです。

 

 

男性ホルモンの低下  

 

男性ホルモンが足りなくなると、代わりに悪性の男性ホルモンを、出すのだと思います

 

今のストレス社会、ストレスで男性ホルモンは減ります。

 

座ってばかりでも男性ホルモンは減ります。

 

しもの黄金のタマを圧迫するからです。

 

男性ホルモンをあげると言ったら、筋トレしかない!

 

後は食生活ですね!

 

ホルモン分泌を活発にして、ストレスホルモンにも対抗するにも、副腎ケアが髪の毛に大事だと思う。

 

副腎にはビタミンCやミネラル、ビタミン各種、ちゃんと取りましょう!

 

 

 

栄養不足、やせ型、冷え性

 

ハゲてる人で多いのは、普通に元気がない人。

 

なんだか弱弱しい、目が弱弱しい、痩せてるか、太って油っぽい人。

 

そう考えると、普通に栄養不足って感じですね。

 

太っていて油っぽい人も、栄養不足で、脂質が分解出来ていないので、栄養不足になっているかも。

 

やるべきことは

 

 

悪さをしている、体内の脂肪を落とすこと。

 

 

体脂肪を標準にすることですね。

 

 

食生活は自炊することに限ります。

 

 

お酒も老化物質を増やします。

 

 

肥満防止なら、太る日本酒やビールを止めて、焼酎やウィスキーを少し飲むくらいに。

 

 

効果的なのは、キュウリやダイコンをすりおろして、酵素をたくさん摂取すること。

それで、脂肪が分解されやすくなります。

 

 

 

野菜や果物で栄養をとって、肉や魚介類でタンパク質をとる。

 

 

筋肉にも髪にもタンパク質は一番大切ですが、焼くと老化物質がたくさん出ます。

 

 

 

本気で老化やハゲ対策したい人だったら、焼き魚や肉はレモンをかけるとAGEという老化物質が半減します。煮る料理も少ないです。

 

 

 

AGEは糖とタンパクを加熱した時に生まれる老化物質です。

 

 

なので煮て食べるタンパク質が髪にも体にも美容にもいいです。

 

 

 

焼き魚やステーキはレモンかけたり、大根おろしで廊下物質半減です。

 

 

なので鍋料理とかいいですね。

 

 

適当に肉とか野菜いれて、天然だしを入れればミネラルも摂取出来て更にいいです。

 

 

市販の調味料で化学物質や塩分を摂取しないように注意です。

 

 

 

成分を見ると高い調味料には化学調味料が入ってない事があります。

 

 

自分の体に投資するなら高い物も選択肢にいれてもいいと思います。

 

何より美味しいので感動しますよ。

 

 

 

安いものには理由があって、高いものにも理由があります。

 

 

 

卵だって安い卵は、狭いところで、ストレス受けて育った卵。高い卵は、手間をかけたもの。

味が全然違うし、体にも影響があると思います。

 

 

 

外食では利益を出すために、コストを下げる努力をしています

 

 

安いと客が来るし、高いと客が逃げていくからです。

 

 

 

肉は表示がなければ中国とかアメリカ産だろうし、米、麺、小麦系の外食が多いです。

 

 

なので外食が太りやすいし禿げやすいです。炭水化物が多いのはコストが低いのにお腹がいっぱいになるからです。でも米には栄養があんまりありません。

 

 

 

ラーメン屋で行列待ちしていたら前がずっとハゲばかりなのは驚いた。

 

 

 

ハゲは老化なので美容気にする人、肥満の人も同じだと思う。

 

 

 

 蛇足

 

 

海藻って髪にいいのか?

 

昔の情報では、わかめが髪にいい!っていうのがあって、今ではテレビで、その情報古いです!効果ありません!とか言ってます。

 

でも私は、食物繊維、ミネラル、ヨウ素も入っているワカメは、髪にいいに決まってると思います。

 

 

私が過去に書いた、太る原因は、栄養不足と同じ理由で、ハゲも同じ原因だと思う。

 

糖分、脂肪の取りすぎで、栄養を取っていないってこと。

 

なのでワカメは栄養があり、糖分も脂肪もない体に良い食べ物。

 

むしろ海藻系は全部いいです。

 

 

色んな治療法について

 

 

ミノキシジル 

 

この薬は元々、血管を広げる薬でした。高血圧の薬として。

 

この薬を飲んだ人が、どんどん髪が生えてきたということで、ハゲにも使われるようになりました。

 

 

実際どうなのか・・・。

 

使用感は動悸が凄い、自分は無理でした。

 

髪が生えた場合、今までゆっくり生えるはずだった髪を、一気に生えさせるんで、生えた後は生えてこないらしい・・・。

 

ようするにドーピングみたいなもの。

 

原因を直さずに、無理やり生やしたって、その後生えてこないようです。

 

 

やっぱり禿げている人は、、食生活、生活習慣を変えるしか方法はないと思う。