アプリネの情報日記

アトピー、精神障害、発達障害、を完治した情報など、様々な情報を発信するブログ

MENU

ポルノ依存の害

ポルノ依存とは、ネットでポルノを、ついつい見てしまう人の事です。

 

性的欲求は、根源的なもので、抗うのがとても難しいです。

 

ネットでは意図せずに、ポルノが広告に出てきたりするので、性的衝動が、出てしまいます。

 

ポルノ依存は、麻薬並みに中毒性があり、症状も似ています

 

 

そして麻薬並に、周囲に明かしたり、相談するのもしにくい症状です。

 

自らが中毒になっていることすら気がつかないものですから。

 

スマホ

 

 

普通男性が性的衝動を与える相手は生身の女性です。

 

 

女性と性行為するのも、男性が色々頑張ったりする要因でもあります。

 

 

しかしネットで気軽に性処理出来てしまうと、頑張らなくてもいいってメンタルになります。

 

 

なのでネットで性処理することで、やる気が無いとか、引きこもりになったり、無気力になったりします。

 

脳ではやる気ホルモンである、ドーパミンが大量に消費され、脳的にも変わってしまいます。

 

 

 

これを改善するには脱ポルノをしなければなりません。

 

 

個人的にはたまに見るくらいなら、仕方ないかもしれません。

 

 

有り余りすぎた性欲は、逆にデメリットや危険もあるからです。

 

 

しかし脱ポルノをやっていけば、やる気が上がり、やりたいことに打ち込むことが出来るようになります。

 

 

そうなればガンガン仕事をやって、元気もやる気も男性はモテるし、仕事も上手く行きます。

 

 

そうやってやることが増えれば、ポルノを見る時間も、入り込む好きも無くなります。女性を相手に、仕事相手に忙しくなります。

 

 

男性ならたまにはポルノ見たいなぁとなる時もあります。

 

 

ポルノって本当によくできていて、撮り方とか、女性の魅力や演技、企画力や見せ方など、プロは凄いです。

 

 

なのではまってしまう人が多いんです。

 

これを止めると麻薬のように思い出して、見たいってなるんです。

 

 

これは麻薬やった人と同じで、一度ハマっちゃったら一生気持ちを強く持たないと見ちゃいます。

 

 

こんな感じなんだろうなぁと思うと、麻薬中毒者って辛すぎる。

 

 

ポルノを見ても、捕まらないからねぇ。

 

 

オナニーは我慢したり、辞める必要はない。

 

 

ポルノ依存だと想像したりして、自慰行為も、しにくくなっている。

 

 

ポルノを見ていると、脳が萎縮するので、脳の能力が落ちます。

 

 

男性のオナニーは普通に健康的で、定期的にした方がいいくらいです。

 

 

ポルノが無くなって、でも性的衝動が高まった時、想像してすることも、脳の想像力を鍛えることが出来るのかもしれません。

 

 

 

こうしたポルノによる、無気力に思い当たる節がある人は、この悪循環を断ち切ることが成功の道でもあります。

 

ポルノ依存を断ち切るには。

 

身の回りのアダルトDVD,本やスマホ、パソコンのポルノを全て処分することから始まります。行きつけのサイトも削除です!

 

 

毎日何日目かメモする。今回は1週間見なかったとか、1ヶ月見なかったとか、自分を褒めたり反省したり出来ます。

 

 

反省しすぎて、俺はだめだぁー何て考えないでください。

 

 

頑張ってるだけで凄いんですから。第一歩は頻度を減らすって事で達成出来るはずです。

 

 

ネット環境があると検索すればすぐに見れてしまう。

 

本気でやりたいならネット環境も断つという事です!

 

 

自分がやりたいこと、夢なども想像して、その為に必要なんだと考えてください。

 

 

お金持ちになりたいとか、もてたいとか、成功したいとか。

 

 

ポルノ依存を脱すると、やる気が上がるので、目つきも良くなり、行動的になって、パワフルになりますが、その分見た目も変わります!

 

 

自身に溢れたような顔つきになり、実際メンタルも強くなります。

 

 

多くの人がポルノを見ているので、これをするだけで周りの人とは違うという人間になれます。

 

 

雰囲気で輝いている人とか、雰囲気がイケメンと言われる人です。

 

 

こういう人には幸運も好いてきますよ!

 

脱ポルノ是非オススメします。

 

 

対策は、ギャンプル依存症や薬物中毒者と同じ

ギャンブル中毒は、お金を所持しないのも対策の一つ。

 

ポルノ依存は、ポルノが見れない環境大事、彼女と生活、ネットが無い環境、

 

無理に禁止しない、徐々に減らしてけばいい。