アプリネの情報日記

色んな情報発信と考察してきます。

MENU

教師による指導で、学生が自殺する理由。若者とおじさんの価値観の違いが生まれた理由

ここ最近、学生の自殺が多いと思う。

 

自分も学校好きじゃなかった。

 

高校生活、一日一言も話さない。声すら出せなくなった。声の出し方すら忘れた。話し方を忘れた。

 

 

中学までは人気者だった。

 

ガキ大将で、明るく、おしゃべり、おふざけで、問題も色々起こしたけど、先生からも、一番好きな生徒に選ばれた。

 

でも色んな不幸があって、自分は変になったと思う。

 

一番の原因は、中学では給食があったが、高校では毎日パン。弁当なんか食べたくない、パンでいいと。

 

専門的な事言えば、小麦製品でカンジダ菌という、良くない菌が育つ。その影響で自分はダメになった。

 

後は、立派な自宅が火事で全焼、自分の火遊びで。

 

ネット依存症にもなった。

 

 

それで学生の自殺に話を戻すと。

 

相談すればよかったとか大人は言うけど、自分がいじめられてるなんて、当事者にもプライドはある。

 

親に言うのは恥ずかしいし、迷惑心配かけたくないし、色々考えると思う。

 

 

最近はいじめだけでなく、教師の指導で、生徒が自殺するまである。

 

教師を責めたりするけど、昔の時代って、それが当たり前だった。

 

昔は普通だった。

 

その認識が、おじさん世代にはある。

 

 

だから自分たちは、それが当たり前なんだ、って認識が変わらないと、こういう事件は消えることは無い。

 

テレビで出ている、コメンテーターもおじさんばっかり。

 

何で生徒は相談しないの?? 昔は体罰なんて当たり前とか言う

 

昔の人からすると、教師の指導で生徒が自殺するって事は、何で??って感じで分かんないんだと思う。

 

 

 

現代人は繊細

 

昔の人は強い

 

その乖離

 

強い人は、弱い人を怠け、気合が足りないと思う。

 

弱い人は立ち向かう力が無い 真に受ける

 

弱い人の気持ちを理解する事、義務教育でした方がいい。

 

お互いの理解が必要です。

 

 

 

じゃあなんで、現代人はここまで繊細になったのか??

 

私は平成一年生まれです。

 

私の先輩たちは、金髪とか、ボンタンとか凄いのがいました。

 

田舎高校だからってのもあるけど、歯が解けてない人とか、明らかに目つき行っちゃってる人とか。

 

そういうヤバい人が応援団でした。

 

恐怖の応援歌練習、自分は喘息で、あんまり声が出せず、全校生徒の最後の一人まで残され、声が出なくなって、やっと解放されてました

 

今思うと、恐喝、拷問、侮辱罪、強要罪、パワハラ、あと胸ぐらも掴まれ恫喝されます。

 

終わると、教師が頑張ったねーって。喘息なのにやらせんなよって自分怒り気味です。

 

教室には先輩たちが、壁をドカドカ蹴りに来る、怖がらせるためです。

 

今思えば、腹立たしいですが、当時はビビってました。

 

 

ですが自分たちの世代で、そういうヤバい奴らは一人もいません。

 

平成1年になったら、明らかにヤバい人は不思議と居なくなりました。

 

先輩には明らかにヤバいのがたくさんいたのに。不思議です。

 

 

自分の高校は結構ヤンキー高校でしたが、自分たちの世代から、真面目高校、になったんですよねー。

 

大人しくなったというか、良い子になったというか。

 

何か人間が変わったんですよね。

 

 

自分は健康問題が専門なので、食べ物とか、携帯の電波とか、色んな影響を受けてるというのがあります。

 

昔と今、食べてるものが全然違うと思います。

 

これアメリカの政策でもあるんですけど、日本人はとっても弱らせられました。

 

今見渡せば、小麦製品だらけです。

 

変な飲み物、食品だらけ。

 

人工甘味料やら、合成着色料とか、色んな保存料、遺伝子組み換え。

 

あげたらキリがないです。