アプリネの情報日記

アトピー、精神障害、発達障害、を完治した情報など、様々な情報を発信するブログ

MENU

皆が感染している、カンジダ菌による体調不良

最近アトピーが復活してしまいまして、ちょと大変でした。

 

でも一度治して、治す方法は知っているので、直ぐに回復してきました!

 

その経緯、治す方法について話していきます!

 

 

過去に何度もアトピー、アレルギーの話はしています。

 

 

アレルゲンの話などですが、今回はもっと根幹の部分。

 

特異的IgEって言うんですけど、病院で検査したことある人なら、数値が出ているでしょうか??

 

自分はアトピーの時に、この数値が、物凄い高かったんです。

 

 

食品アレルギーで、乳製品の数値が1,11とそこまで高くない数値ですが、特異的IgEというのが高いので、少しのアレルギーでも強いアレルギー反応が出ます。

 

自分は2以下のアレルギーが多いんですが、1とか、2のレベルでも摂取すると痒くなります。

 

 

なので特異的IgEを下げる必要があります。

 

 

実際自分は、改善した時、全てのアレルギーが治ったんです。

 

乳製品アレルギーだったのに、アイス食べたり、チーズ食べたり、ケーキ食べれたりしたんです!

 

 

 

私の場合は腸内環境の悪化が原因!

 

アレルギーの原因って色々言われてますし、自分も治すために、色んな情報を得て、実践してきました。

 

洗濯機のカビ、服に付いた洗剤の刺激、お風呂の塩素、入浴剤、シャンプーの成分、などなど・・・。

 

治療のための漢方なんてのも、色んな生薬が入っているので、アレルギー体質は、一つ一つの生薬が、何科か調べないといけないし・・・

 

そもそも自分が何科のアレルギーで、何にアレルギーが出てるか分かってない人も多い。

 

これらは以前紹介したので、アレルギーの人は参考に!

 

 

今回は腸内環境の事を書きます。

 

 

 

腸内環境が悪化するとどうなるのか??

 

 

まずアトピーの人は、ステロイドという薬を使うんですね。

 

この効果って、アレルギー反応が出ているから、免疫を抑制するって効果です。

 

免疫を抑制すると、当然、感染症のリスクは上がります。

 

そこでもっとも気を付けてほしいのが、カンジダ菌です。

 

カンジダ菌の感染を調べて、当てはまるか調べてほしいです。

 

 

腸内環境が悪くなると、毒素が作られ、それが全身に流れます。

 

腸に穴が開くほどになると、毒素がもろに血管に流れます。

 

アトピーの痒みって、皮膚から毒素を出す意味もあるようです。

 

 

 

アトピーや鬱の人は、腸内環境が悪くなって、カンジダという菌が大量発生している事が多いようです!

 

 

なので腸内環境を整え、炎症体質を治すことが大事です。

 

特異的IgEという炎症体質は、体内で起きているのかもしれません。

 

 

 

腸内環境が良くなる事で起きる効果

 

善玉菌の効果にビタミンBを作り出す効果があります。

 

ビタミンBにはアレルギーを引き起こす、ヒスタミンを排出する効果や、皮膚を再生させたり、健康に保つ効果があります。

 

なのでアトピーは栄養不足でもあります。

 

食べ物では肉系に多い、ビタミンですが、肉は腸内環境を悪くします。

 

ぶっちゃけ、肉より、腸内細菌のエサを食べて、ビタミンB作ってもらう方がいいんですよね。

 

 

 

腸内環境を良くする方法!

 

 

まずはこれをすればいい!って事じゃなくて、これが悪いから止めましょう!こっちの方が重要。

 

腸内環境が悪い人は、まずたんぱく質を減らそう!

 

もちろん必要なものなので、食べ過ぎている人は減らそう!っていう意味です。

 

 

糖分を止めよう!

 

糖質中毒者、本当に多いです。

 

スイーツ、お菓子、カップ麺、ラーメン、小麦製品の、パン、お好み焼き、たこ焼き、うどん、そうめん・・・。

 

 

糖分を止めてから、あのネットリ芋じゃなくて、ホクホクサツマイモを食べると、甘みがちょうどよく感じますよ!

 

一度リセットして、正常になると、甘いお菓子は私は、甘すぎて食べれないようになった。

 

さつまいもは糖分でも、殺菌作用があるので大丈夫!ガングリオシドという抗菌作用のある糖分が入っています!

 

ねっとり甘いさつまいもは、餌になるからだめだよ。

 

 

口の中の話したら、甘いものは、虫歯菌の餌になるんですが、甘いものは悪い菌の餌になる。

 

口の中はハミガキできますが、体内の臓器を毎日掃除は出来ないです。

 

ほんと生成された砂糖は毒なので、摂取しない方がいいです。

 

カンジダ治療中は、根菜で糖分摂取したり、甘みの少ない芋がオススメ。

 

正しく糖分を摂取しないと、フラフラしちゃいますからね!

 

 

 

カンジダを退治する方法!

 

 

ガンジダが増殖している人って、腸内環境が悪く、甘いものばかり食べてる人。

 

抗生物質、ピル、ステロイドを常用している人などです。

 

抗生物質は、体内の有益菌を殺しますし、ステロイドは免疫力を下げるので、増殖します。

 

スイーツ中毒者、パンをいつのまにか買っちゃう人なんかは、感染しているかもです。

 

アルコールも良い菌を殺菌しちゃうので、カビが増えるきっかけです。

 

カンジダを殺菌するには、ココナッツオイルが有効です。

 

他には、オレガノオイル、クローブ、シナモンなど抗菌作用のあるハーブ

 

他にはパウダルコ、タヒボ茶も有効です。

 

 

 

腸内環境を改善する方法!

 

善玉菌の、アシドフィルス菌なんかは、カンジダ菌を食べてくれるので、腸内環境の改善が大事です。

 

なのでとにかく野菜を食べる事ですね。

 

野菜は腐らず、一定期間カビることが無く、抗カビ効果があります。

 

 

冷たいものは、悪玉菌を増やすので、冷たいものを摂取しない。

 

アイス好きだった私は、明らかに菌に操られてますね。

 

 

腸内環境を良くする、乳酸菌、ミヤリサンを続けることも良いことです。

 

アシドフィリスやビフィズス菌の摂取も大事です。

 

 

個人的に、乳製品アレルギーなので、ヨーグルトは嫌いです。冷たいですし、たんぱく質ですし、本当に腸に良いのか疑問。

 

 

オリゴ糖も善玉菌の餌になるので摂取するといいのですが、シロップのオリゴ糖は、100g中40g程しか入っていないので、かえってカンジダの餌になります。

 

粉のオリゴ糖、ラフィノースなんかはかなり有効です。アトピーカンジダ抑制の有効率76%ですからね。

 

99%のオリゴ糖の粉がオススメです。