アプリネの情報日記

アトピー、精神障害、発達障害、を完治した情報など、様々な情報を発信するブログ

MENU

アレルギー体質の私、レストランでアレルギーについて聞いたら無視された話

私はアレルギー体質で、卵、小麦、大豆、乳製品、ゴマ、ニンニク、キク科、などのアレルギーがある。

 

それでも、ニンニク、乳製品、ゴマが特に酷いので、それ以外は外食では、仕方が無いので食べている。

 

ニンニクは香辛料として、あらゆる料理、ラーメンなど、隠れて入っている。

 

ゴマも、ごま油として、色んな料理に、隠れて入っています。

 

そうなる外食で食べれるものは、10割そばの汁なしか、寿司や、海鮮丼の醤油無し。

 

 

自分でも、食べれる、食べれない料理は分かっています

 

その中でも、聞いてみないと分からない料理もあったり、場合によっては、抜いてくれることもある。

 

 

レストランでの、オススメがスペアリブで、これはにんにくが、使われている可能性がある。

 

店員さんに聞いて、料理人に聞いてもらったら、ニンニクは使われているという事でした。

 

ぶっちゃけこの店には、私が食べれそうなものは無かった。

 

でも連れが、何か食べて、貰いたいと思ったのだろう、ミートパスタのアレルギーを店員に聞いてました。

 

そうすると、店員と、料理人の会話がもろに聞こえてくるんです。

 

この料理人、客には接客するし、会話していて感じが良かった。

 

初めて来たときには、ニンニクは、たくさんの料理に使われている、アレルギーだなんて大変だねぇーと、気遣ってくれました。

 

 

 

2度目のアレルギーの質問には、無視でしたね。

 

2度も質問したので、気分を悪くしてしまったのかもしれません。

 

それからは空気も気まずくて、店員さんも報告に来なくて、修羅場でした。

 

パスタには、乳製品が使われているのが、当たり前なので、そもそも自分が、外食するのも間違っていました。

 

なのでアレルギーの人は、店員さんにアレルギーの事を話さないで、自分で考えて対策をした方が良いです。

 

怒られたり、雰囲気が悪くなったり、する恐れがあります。

 

 

 

初めの頃にはそれが分からず、今となっては、和食の店しか、行けないことを自覚しました。

 

彼女と付き合って間もないころ、新しい店に入るのが楽しみでした。

 

 

自分は、お客様だという考えは止めましょう。

 

お互いが尊重し合う事で、トラブルは起きません。

 

店員さんがミスをしても、怒らずに、優しい言葉をかけてあげましょう。

 

そういう、皆が優しい世界になったらいいなぁ・・・という夢