原因解明ブログ

アトピー、精神障害、発達障害、を完治した情報など、様々な情報を発信するブログ

MENU

うつ病、慢性疲労の足りない栄養素と副腎疲労

今回はうつ病の原因の一つ、副腎疲労や、慢性疲労について書いていきます

 

うつ病については、脳のアレルギーだとか、低血糖だとか、カフェイン依存だとか、副腎疲労だとか、色々原因が言われています。

 

うつ病って言っても、その症状も様々。

 

やる気の喪失、ネガティブ思考、疲労が取れない、感情の喪失、不眠などなど

 

その中でも、自分の好きな事が出来なくなる、楽しくなくなると言う事が、感情の喪失として、分かりやすいうつ病です。

 

例えば好きなドラマが見れなくなったとか、好きな食べ物が食べられないとか、好きなゲームが出来ないなどです。

 

そういう症状が無くて、ネガティブや、疲れが取れないと言う人は、まだうつ病ではなく、一歩手前です。

 

しかし慢性疲労から、うつ病に移行すると、大変な事になるので、慢性疲労の時点で治療するのが治りやすいです。

 

 

まず疲労に必要な栄養素は?

 

疲労に効くのは、鉄、マグネシウム、カリウム、ビタミンCです。

 

うつ病は、ストレスでなるイメージがあると思いますが、ストレスが体に影響を与える事を、具体的にイメージできる人は少ないと思います。

 

 

ストレスを司るのは副腎、という臓器で、この臓器はビタミンCをとても消費します。

 

他にもマグネシウムなど、色んな栄養素が必要です。

 

ストレスに抗うために、栄養素を消費し、働くのが副腎。

 

しかしストレスが大きすぎたり、栄養素が足りないと、副腎は疲労してしまいます。

 

副腎は抗炎症ホルモンも出しているため、炎症も増えます。

 

こうして全身に悪影響を及ぼすんですね。

 

なのでアレルギーにも、ビタミンCがg単位で必要で、マグネシウムも重要です。

 

アレルギーとは別で、皮膚炎には更に、亜鉛、ビタミンEが有効です。

 

 

副腎疲労を治すためには?

 

副腎疲労の場合は、カフェイン、小麦、乳製品、糖分が天敵です。

 

マグネシウム、ビタミンC、ビタミンB(特にパントテン酸)が大事です

 

他にもビタミンA,たんぱく質、亜鉛なども、とても大切。

 

 

慢性疲労症候群に必要な栄養素

 

特にメンタルが悪いわけでは無く、疲れが取れない症状の人もいます。

 

原因は色々ありますが、栄養素的には、これらの栄養が必要です

 

βカロテン25000IU

セレン50㎍

ビタミンC500mg

ビタミンE400IU

パントテン酸50mg

ビタミンB群50mg

カルシウム1000mg(マグネシウムの2倍)マグネシウム500mg

 

ビタミンCは4グラム位とっても大丈夫ですし、ビタミンCフラッシュも有効です。

 

終わりに

 

疲労の状態では、甘いもの、カフェイン飲料を欲しがりますが、これは余計に体を疲れさせるものなので要注意です

 

コーヒー、カフェオレ、紅茶、お茶

 

パン、アイス、お菓子、スイーツ、和菓子などです。

 

水だしのお茶は、カフェインを出さずに、睡眠に良いテアニンが含まれるため、大丈夫

 

次回はうつ病の5つのタイプを紹介します