アスペルガー男の頭いっちゃってるブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的奇妙な事も書いていきます。躁状態早く来い!

MENU

私の精神科生活記録

昼間は頭が働かないが、お風呂に入って血流が良くなると、頭が働きだす私。

 

体調不良でもう書けない~とか、もう辞めたい~とか言ってましたが、今日は記事を5,6個書いてます(笑)

 

ブログを始めた当初は、正直アクセス数に執着していました。

 

その為、相手に読者登録しまくったり、読まない人を登録したり、したりしていました。

 

でも現在は、本当に読みたいブログだけにしようと思って、色々なブログを読んで、読者登録を減らしています。

 

すると、自分もこの内容で書きたいなぁと、自分の記事のネタもゲット!

 

 

 

 

自分の読みたいブログだけを、登録した方がいいなぁと思いました。

 

ちなみにアイデアを得た方のブログはこちらです

 

www.yamauba.work

 

精神科の医者との会話を書かれていて、私も普通の患者とは、違うやり取りをしているので書きたくなりました。

 

 

私の精神科医

 

○○クリニック

 

私は地元にある、クリニック、○○病院、内科医、そして現在の病院と、精神薬を貰っていた病院は4つ目です。

 

最初のクリニックは、大量の精神薬を出す、クリニックでした。

初診で1万超え、毎回大量の薬が処方され、毎回1万を軽く超えるクリニックでした。

 

まだ18歳だったため、向精神薬でおかしくなった両親が、怖がって通院はやめました。

初診で7,8種類は薬が出て、定期的に警察が捜査に来る、クリニックです(笑)

 

地元の○○病院で、働いていた精神科医でしたが、○○病院で死亡者を出し、追放され独立した医者です。

 

定期的に高級車を乗り換える、金遣いの荒い精神科医でした。

何故医師免許、剥奪されないのか・・・。

 

実際会話すると、妙に優しくて、鬱状態で行くと、優しい言葉を投げかけてくるので、頼りたくなってしまう感じです。

 

今でもそんなに根っから悪い人、というか、たくさん薬を出せば出すほど、効くと思い込んでいる医者なのかなぁと振り返ります。

 

f:id:monoru:20191016212106p:plain

 

内科医

精神病で何故内科医??と思われるかもしれません。

 

私の働いていた会社の、お医者さんで、地元の医師会の会長さんでもありました。

 

「精神科に行ってはいけない、廃人になってしまう」

「副作用の少ない、いい新薬がある」

「俺が治してやる、それでだめだったら精神科を紹介する」

 

f:id:monoru:20191016223943j:plain

内科医の医者でしたが、この先生に診てもらう事になりました。

 

この頃には、私の身長は177cmあるんですが、体重は56キロとかで、かなりヤバい状態でした。

 

注射で栄養を入れると、吐き気がしたり、ご飯はあんまり食べられませんでした。

 

内科医の先生が処方した新薬は、ジェイゾロフト、と言う薬、これ一つでした。

 

全く効き目がなく、量を増やすと、少しずつ効いてきました。

 

副作用が少ないといいつつも、私には射精障害の症状が出ていました。

 

少し効いてきて、運動もするようになってくると、先生が

 

「もう良くなったぞ、仕事をしなさい」

 

と毎回言ってくるようになりました。

 

それで病院に行かなくなり、広告で求人募集の急募が来たので、自分でも受かるかもと思い、仕事を始めました。

 

電子部品を使っている会社で、「君の家のテレビは何?」と言われて、「シャープです」と答えたら、

 

「君いいね!うちはシャープの部品使ってるからね!」と気を良くして

 

シャープのいい所を言っていたら、

 

「君は合格だよ」と、言ってきました。

 

面接なんて、下層の会社だと、合格不合格なんて、古いおじさんの気分ですね~。

 

背が高いから、腰を痛めると思うけど、大丈夫?と言われて、大丈夫です!と答えたけど、腰痛になって、それが原因で鬱も再発。

 

 

そして数か月・・・あの東日本大震災がやってきて、自宅は無くなりました。

 

自分の町が、全て壊れていくのを見ていたけど、この時感情が無かったんで、精神的ダメージは0でした。

 

東日本大震災の体験も、全部後で書こうと思います。

 

その後、色々と住居とか、落ち着いて。

 

ちゃんと病気を治そう!と思い、○○病院へ行くことに・・・。

 

 ○○病院

 

初めての本格的な、精神病院デビューです!

 

ここの精神科医は、何故か分かりませんが、自分の事を、非常に頭が良いとか、仕事が出来るとか思っていました。

 

事前のテスト??か話した感じなのか分かりませんが。

 

見た目だけは、頭が良さそうに見えますけどね(笑)

 

ここで処方された薬は、リフレックス、メイラックス、レンドルミン、デパス、不安時にユーパンでした

 

恐らくリフレックスが効いたと思いますが、空も飛べそうなくらいに、体が軽くなり、劇的に効きました。

 

寝ながら、一度、夢遊病でマラソンしたりもしました。

 

その効果は続かず・・・サインバルタという薬が追加されると、自分が猛獣のようになり、唸る日々・・。

 

f:id:monoru:20190710230744j:plain

サインバルタは20mgでも自分はきつくて、胃がやられました。

 

その後薬は急激に減って(減らすようにお願いしたかもしれないが、記憶がない)何故か妄想の症状が出ました

 

自分は自覚が無かったのですが、医者が妄想だと言ったので、統合失調症の薬が処方されました。

 

エビリファイという薬ですね。

 

この薬で、アカシジアという辛い副作用が出ました。

 

病院に行くと、看護婦に、薬をちゃんと飲まないから、こうなったと言われました。

 

最終的にデパケンという薬一錠だけになって、統合失調症の症状はどうなった?何故エビリファイを飲ませた??って感じです。

 

デパケンは躁状態に飲ませる薬の様です。

 

この病院は8か月通いました。

 

医者に対しては、特に思い出も無いですね~。

 

デブでメガネって事しか覚えてないです。

 

この時まだ、23歳、若かったなぁ・・・。

 

総評すると、精神薬では、メイラックス、エチセダン(デパス)がまだマシな薬というか、いい薬です。

 

現在の病院へ・・・

 

この病院へ通いだしたのが、23歳なので、もう7年も経つんだなぁと・・時の流れが早いです。

 

この頃には、以前の病院の薬で、記憶力やら、認知力やらやられて、精神薬への不信感はありました。

 

特にニトラゼパム、という睡眠剤は、めちゃくちゃ私の記憶力、脳を劣化させてくれました。

 

現在の病院では、初めに、ジプレキサ、という薬を処方されました。

 

以前アカシジアが出て怖いと話すと、「アカシジアは出ないと思うよ~」と言われました。

 

ジプレキサを飲んでいると、やけにお菓子が食べたくなる・・・いつもポテチを食べてて、58キロ程だった自分の体重は70キロに・・・。

 

f:id:monoru:20190706145555j:plain

「先生体重が70キロに・・・」

 

というと

 

「太りたいって言ってたよね?太れてよかったね!」

 

と言われました。

 

こういう太り方じゃなくて、ガタイが良い感じの太り方だったんだけどなぁ・・・。

 

この先生は、メガネイケメンで、爽やかなので、嫌味には聞こえないです。

 

それから、むずむず脚症候群という、副作用も起きて、その病気の薬も飲んでいました。

 

その後は、ラミクタール、という結構危険な薬を、徐々に増やしていました。

 

副作用に、スティーブンジョンソン症候群の恐れがある薬です。

 

画像検索するとヤバすぎます。

 

ラミクタールを徐々に増やすも、全く効かず、むしろ不快な感じでした。

 

 

この頃から、ラミクタールを止めて、同時に飲んでいた、メイラックスのみになりました。

 

10か月間、メイラックスのみ、1錠を飲んでましたが、そろそろ精神薬、止めたいと思うようになりました。

 

漢方薬に変えたいと、お願いしたところ、十全大補湯という漢方を処方されました。

 

これが全く効かず・・・。

 

この頃には、自分で色々調べていた時期なので、自分の体質に合う漢方を調べて、医師に提案しました。

 

この医師は、「漢方はあんまり詳しくないんだよな~」

 

と言いつつも処方してくれました。

 

それが加味帰脾湯です。

 

この漢方がかなり効いてくれました。

 

f:id:monoru:20190701231808j:plain

この頃から、医者よりも、自分で調べて実践した方がいいなーと思った頃です。

 

8か月ほど加味帰脾湯

を飲んでかなり体調が良くなり、持病のアトピーも治していたので、また先生に漢方をお願いしました。

 

当帰飲子と言う薬で、脱ステロイドに苦しんでいた私は、この漢方でアトピーも完治させました。

 

この漢方は5か月飲んでいました。

 

そこからはまた加味帰脾湯に戻して、1年と3か月・・・

 

元気になりすぎたのか、イライラ系が強くなり、安定系の漢方を飲みました。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯という漢方薬です。

 

これを5か月間飲んで、最後、今は漢方薬すら飲んでいません。

 

漢方を飲まなくなって、病院に行っても、何も処方されなくなって1年がたちます!

 

精神薬を飲まなくなって、5年がたちます!

 

昔は精神薬に嫌悪感がありましたが、今では、ちょっと飲んでみたいと思う事もあります(笑)

 

 

先生との会話はずっと、2,3分だけで、短いもので、印象も特にありません。

 

言う事も特にないしね~。

 

 

私の病院での、患者には、一人で1時間話す患者もいます!

 

精神科なのでね・・・。

 

待ってる患者も、精神病なので、イライラしてる人は超イライラしてます。

 

そういう人もいるから、待っている人もいるし、自分は短めに終わらせています。

 

一人で一時間も待たされると、自分もイライラしますけどね~

 

 

そんな感じで、この病院で、双極性障害、アスペルガーと診断されたけど、病状が良くなりすぎて、病院来なくていいよーと言われないか心配

 

二つ障害を付けられているから、大丈夫だと思うけれど・・・

 

 

終わりに

 

ここまで来るには、ただ断薬したから、漢方に変えたから良くなった、という単純なものではありません。

 

他にも金属アレルギー、栄養素補給、自己啓発、とまあ色々やってます。

 

ブログで紹介しているような内容ですね!