アスペルガー男の頭いっちゃってるブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的奇妙な事も書いていきます。躁状態早く来い!

MENU

生きてる意味って何なの?生きている事に苦痛を感じる人

こんばんわ!

 

私はうつ病で、読むブログもうつ病や、病気の方々のブログを読むことも多いです。

うつ病で悩むのは、希死念慮という衝動。

 

理解しがたいかもしれませんが、何も考えなくても、衝動的に死にたいと言う気持ちがやってくるんです。

 

私は何をするために生まれてきたのか??

 

f:id:monoru:20190701231340j:plain

一般の方には理解しがたいのですが、死にたいと言う衝動が、欲求の様に出てきます。

そういう精神状態だと、何で生きなきゃいけない?生きてる意味って?と考える人も多いかもしれません。

 

私の鬱の発症は、就職して仕事をしていて、自分の人生って、このまま仕事して、結婚したりして、年取って、おじいちゃんになって死ぬこと??

 

自分の人生全てが見えてしまったとき、分かり切った人生ならもう終わりでいい、自分は何で生まれてきたんだ??と疑問が湧いてきました。

そりゃあ、仕事して、子供産んで、子育てして、年取って死ぬ、それが普通ですし、当たり前の人生です。

 

ですが自分は、理由なしに、この為に、自分は生まれてきたんじゃない、生まれてきてやりたい事はこんな事じゃない!って思ってしまいました。

 

 

本当に自分がやりたい事

f:id:monoru:20190918174107j:plain

 普通の人だったら、消防士になりたい、警察官になりたい、自衛官になりたい、有名人になりたいとか、やりたい事はあるものです。

 

じゃあ自分がやりたい事って何?そう思ったときに、自分は学生時代から、全知全能になりたいって思っていました。

 

小学生のころの夢は大統領で、目標、理想が物凄く高いんです。

 

でも学校で、先生に夢は?と聞かれて、神になりたいなんて言えません。

仕方なく仕事の話をしていました。

 

 私は今でも、全てを知りたいと思うし、能力だって欲しいって思う。

この世の中の問題の原因は?病気の原因は?色んな??があります。

 

この世で、一番やるべき事は何か? この世で一番正しい考えは何か?

 

自分のこの世での欲求、やりたい事、そして生まれてきた意味は、何もかも全てを良くしたいって気持ちでした。

 

環境問題の解決、人間一人ひとりの心の問題、国家間の争い、この世の中の真実

 

 

これらの抑止力として、日本人にはなじみが無いですが、宗教があります。

それすら今や、争いの原因となっています。

 

 

人間には2つのタイプがある。

 

f:id:monoru:20190701232253j:plain

人には、物質性が強い人と、精神性が強い人がいます

大抵の人は、このバランスが取れています。

 

しかし精神性の強い人は、それこそ、この世の物質的な部分が合いません。

 

こういう人は、ボランティアとか、看護婦とか、人に喜ばれることで、精神的な豊かさを求める人たち。

自分の精神性を高めたり、人の役に立ったりで生きがいを感じて、生きていく人たちです。

なので極端だと、宗教家になったりします

 

 

物質性の強い人は、お金、美味しい食べ物、異性など物質的なものが大好き

こういう人は、この世で楽しく生きやすい人です。

 

何故生まれてきたのか?とか考えにくいタイプで、良く働き、異性にもてたい、高級なブランドが欲しい、贅沢に暮らしたいというタイプです。

 

しかし精神性とのバランス、が崩れすぎると、犯罪を犯すなどリスクもあります。

精神性が共わなすぎるとですね。

 

 

今の世の中、特に日本は、物質性が特に強いので、精神性が高いタイプは、生き方など見失いやすいんです。

精神性が高いと、精神も敏感で、繊細でもあります。

 

こういうタイプは、人に感謝されたり、人に必要とされたり、というのがお金よりも大事だったりします。

 

 

なので生きる目的を、精神的な成長、とか人の役に、人から感謝されたり、喜ばれる事を目的にすると、生きる喜びが出てきます。

 

 

人から感謝されたり、人の役に立ちたいからこそ、今の社会での、仕事で怒られたりすることに対して

自分は必要ないんだ、役に立たないんだと言う事に、非常に傷つき、

 

生きる意味を見失ったり、自分は必要ない存在、辛い苦しい、死んでしまいたいと思うようになる、と私は思う。

 

 

肉体が強くなれば物質的になり、肉体が弱ければ精神的になる

 

私は元々物質的な人間でした。

しかし病気になると、この精神的タイプの人間となり。

生きている喜び、幸せは、人に感謝されることだ、と考えるようになりました。

 

こうやってブログをやっている人たちでも、読まれている事で、自分が必要とされている喜び。

感謝されることで、役に立っている、という幸せを感じる事になる

 

自称行為とか、病んでいるアピールなんかも、心配してもらって、自分は必要なんだって感じたいのかもしれない。

 

私の経験では、精神的に苦しすぎて、肉体を傷つける事で、精神的苦しみを和らげていたと思う、絶対に人に見せたくなかったが。

 

 

 

仏教修行での粗食、など修行での断食などは、食べない事で、肉体を弱め、精神性を強くする、と言う事だと思う

 

人間の精神と肉体は、反比例のようになっていて、どちらかが強いと、どちらかが弱くなる。普通はバランスが良い。

 

 

現在人は、ストレスに非常に弱くなっているが、それは肉体が弱くなったから。

食べ物が劣化したり、スマホの電波や、野菜の遺伝子組み換えなど色々ある。

その代わりに、精神性が高くなっている。

 

パワハラ問題や、言葉使いの問題、暴力への拒否反応など

以前は許されていたことが、許されなくなっている。

 

この精神性の高まりは、全てが良くなるに繋がってくる。

地球全体の、精神性の高まりは、戦争回避、環境問題への取り組み、弱者の救済、など色んな問題を改善させていく。

 

私たち若者が、この世の中の、中心となる時、

物質性の強い、この世は弱肉強食だという世の中が変わってきます

自分さえよければよい、じゃなく、皆で助け合おう

 

未来の世代を考えて、環境問題に本気で取り組み、環境問題が解決することを願っています。

だからあのグレタさんは、そういう事も言っています。

私たちの世代は、今の世代がやったことを許さない。

私たちの世代は、今やっている事を、しっかり監視しているぞ。

 

戦争も、環境問題も、格差社会も、労働環境も何もかもです。

今の世の中で、苦しい思いをしている人たち、戦争被害者、貧困層、厳しい労働環境・・・。作られた病気。。。

 

最後に

 

精神的幸せって、人に感謝されること、役に立つ事、必要とされること。

幸せの代表格、愛も、必要とされることに入ります。

 

こういう意味でも、あのイエス・キリストが言った、隣人を愛しなさいって、凄く深い言葉なんですね。

愛は地球を救うとかも言いますが、この世で一番良いことって、人を愛する事だと思う。

 

それは人を幸せにして、この物質の世の中に、精神性の大切さを知らしめることもできるから。

ですから人に好かれるために悪用すれば、人に感謝の言葉を良く言ったり、あなたが必要です!とかいろいろな場面で、口説き文句で使えます。

 

偉そうなこと言って、最近出来てないので、周囲の人を幸せな気持ちにさせるような人間になりたい。