アスペルガー男の頭いっちゃってるブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的奇妙な事も書いていきます。躁状態早く来い!

MENU

病院でのハプニング集 看護婦さんに色仕掛けされた話

最近の歯医者でのハプニング集の続きで、今回は色んな病院での出来事を、書いていこうと思います!

 

超絶綺麗な看護婦さん

f:id:monoru:20191209232611p:plain



看護婦さんって、とても綺麗に見えますよね~。

特に弱っていて、超優しい口調の看護婦さんだと、いちころです。

 

私は修学旅行で、ノロウイルスの、集団感染被害にあいまして、全国ニュースになりました。

私は病弱な体質のようで、何百人という感染者を出した中での、重症者の二人のうちの一人でした。

 

そこで入院することになってしまいました。

ノロウィルスは物凄く辛くて、吐き続けて、下痢し続けて、もう殺してくれって位辛かったです。

 

そんな中、担当の看護婦さんが、超絶可愛くて、優しくて、ヤバかったです。

男子校だったのもあってか、女性には免疫が無く、修学旅行中の学生と言う事で、特別優しくしてくれたのかもしれない。

 

同級生の男子たちは、バスで移動するたびに外を見て、車内で、女だー!!ギャルだー!!うおぉぉーって騒ぐんです

 

40歳くらいのバスガイドにも、可愛い!最高!大絶賛の嵐。

 

あの看護婦さんは一生忘れないなぁ・・・。

 

 

大人なのに、子供扱いされた

 

 

28歳頃、とある病院で、採血の時に、アレルギーはありますか?とキツそうな看護婦さんに聞かれました。

 

私はアレルギーがたくさんあったので、

 

「え~っと、たくさんあるんですけど~、とりあえず刺激物・・・辛いものと・・・」

 

と言ったら看護婦さんに

 

「嫌いなものじゃなくてぇ~!」

 

と突っ込まれた。

 

「いやいや、辛いものは全部アレルギーが出るんです!」

 

と言ったら分かってくれましたが、子供扱いされたことは、一生忘れないだろう!

 

 

血液検査での採血で大丈夫?と5回も確認された

f:id:monoru:20190919233829p:plain

とある病院での、採血の時。

 

私は5回も看護婦さんに確認をされました。

 

看護婦さん「お注射、苦手ですか?」

私「大丈夫です

 

看護婦さん「体調は大丈夫ですか?」

私「大丈夫です」

 

看護婦さん「注射しますよ?大丈夫ですか?」

私「大丈夫です!」(大丈夫だって言ってるじゃん!)

 

看護婦さん「本当に大丈夫ですか?」

私「大丈夫です!」(お願いだから早く刺して)

 

看護婦さん 「倒れないで下さいね!!」ブスッ

 

一体私は、どんな顔をしていたのだろう・・・?

 

 

心電図で感じまくってしまった。

健康診断での心電図検査って分かりますか。

 

上半身裸になって、看護婦さんが、全身に吸盤を装着するんです。

 

私は超絶敏感体質で、少しくすぐられると、とんでもない奇声がでます。

それを面白がられて、よく、くすぐられたもんだ。

 

そんな私にとって、この全身吸盤装着、&外しは、耐えられるものではない。

私にとっては、プレイ、そのものだった。

 

看護婦さんが装着するたびに、私は身をくねらせる。

なんとか無表情を装って、看護婦さんをチラ見すると、無反応。

 

それが何度か続くと、さすがに私も、

 

「すいません」

 

大丈夫ですよ~と答えてくれましたが。

 

更につらいのは、外すとき。

 

「すいません、外すとき、ゆっくりお願いします・・・」

 

そのたびに、私は身をネジらせるのだった。

 

うっ!・・・

 

 

股間の痒みで、初めて男性に、お〇ん〇んを見せた

とある時期、私の股間は、とてつもない痒みが続きました。

もう地獄の日々!

 

しかし、どうしても病院に行きたくない!

 

何故なら、股間の物を見せなければいけないから!

 

しかしそんな事言ってられないくらい、猛烈な痒みが襲っていました。

 

「神様、私が何をしたと言うんですが!どうか助けてください!」

 

私は宗教やってないけれど、人間って本当に極限になると、神に頼ってしまものです

 

色々な市販薬を使っても効果なし!、私は自然治癒に任せていたが・・・

歩くことすら出来なくなり、股間のものに、ティッシュを巻いて、テープで止める日々。

 

このティッシュを巻いた状態で、数か月過ごしていたかな(笑)

外出するときは、常にテープと、ティッシュ持参。

 

しかしとある日に、彼女から、いい加減病院行こう!と言われました。

そりゃそうだ(笑)最初から病院に行くべきだよね!

 

嫌な事から逃げる私、ついにちん物を見てもらう覚悟、出来た。

f:id:monoru:20191211230834p:plain


いざ、泌尿器科へ、出陣!

 

病院にて、股間が痒いというと、皮膚科か、泌尿器科か、どっちで見るか病院側は困っていました。

 

私は皮膚科の先生が、とても嫌いなので、どうしても皮膚科は嫌!

中も痒いと力説して、泌尿器科へ。

 

 

ベットに横になっていると、これ股間の物出した状態で、待ってた方がいいのかな??と悩む。

突然看護婦さんきたら困るしなあ、先生来てから出そう、と思って剣を締まっていました。

 

そして忙しい先生が登場!

 

「早く出して!(怒)」

 

やっぱり出して待機が正解だった~(泣)

私的に、股間の物を、初対面の人に露出するなんて、結構勇気が必要だったんです。

 

その後、

 

先生袋は?痒い?」

 

と聞かれました。先生って袋って言うんだーと感心しました。

 

病院での結果は、尿検査もしたけど、異常なし、ステロイド剤が処方されましたとさ。

 

この股間の痒みは、後程メガネの金属アレルギーと判明。(自分で発見)

 

今ではメガネが怖くなり、コンタクトレンズになりました。

 

 

 

 

幼いころお姉さん看護婦さんに誘惑された

f:id:monoru:20191211231042p:plain

私が小学生だったころ、酷いめまいの症状が出て、色々と病院を巡っていました。

 

脳神経、耳鼻科、眼科など。

 

とある

病院でMRIを取る時に、忘れもしない、看護婦さんが現れた。

 

超セクシーでクルクル髪で、胸元が開いていて、超丈が短いスカート!

今ではこんなのダメだと思うけど、昔ではおkだったのかな??

 

そんな人が、かがんで、超接近して耳元で、話してくるもんだから、超ドキドキ。

とにかく口調が、誘ってる感じの、セクシーな喋り方。

 

 

「動いちゃダメよぉ♡」

 

「お姉さんとの、約束守ってくれるぅ?♡」

 

「怖いと思うけど、少しの辛抱よぉ♡」

 

「僕、頑張ってねぇ♡」

 

他にも色々あったと思うけど。

 

表情から、仕草から全てがセクシー!!

 

小学生の自分に、耳元で、セクシーに囁くんです。

 

イメージしてみてください

 

小学生の自分には、刺激が強かったです。

 

そしてMRI超長くて、めちゃくちゃ怖かった~。

 

しかしお姉さんに会える!と思って、MRIから出ていくと、もうセクシー看護婦さんはもう居なかった。

 

それからしばらく、忘れられなかったけど、今思えば、僕遊ばれていたんだ。

 

脳神経はお年寄りばかりだから、小学生が可愛くて、いたずらしたのかもしれない。

 

あの興奮はもう2度と味わえない・・・