アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

ヒートテックでアレルギー。アレルギーが起こる原因とは?

どうも!モノです✨

今回はまたアレルギーが出てしまいました。

原因を考えていたら、ヒートテックが原因に浮上しました。

 

冷え性の私にとって、ヒートテックは昔必需品でした。

 

これから寒くなる冬、冷え性の人にとって、ヒートテックは魔法のアイテムですよね✨

 

でも良いものほどデメリットもある…ヒートテックのデメリットについて書いていこうと思います。

 

 

繊維に金属が織り込まれている

 

着けるだけで暖まる、ネックウォーマーとか、レッグウォーマーにも白金が入っていて、その効果で暖まるんですよねー。

 

ですが金属アレルギーのある人にとっては、深刻な問題となります。

昨日も全身痒くなり、私はヒートテックを着ることは出来ないようです(T-T)

痒み体調不良を引き起こしてしまいました。

 

また金属が織り込まれているので、電磁波の影響も増大します。

(恐ろしい!)

なのでMRIとかも全部吸収しちゃうようです。

 

 

化学繊維が使われている

 

今でこそ化学繊維が多いですが、静電気がとても溜まりやすいです。

化学繊維の害で、皮膚が乾燥して、脂漏性皮膚炎になったり。

その逆で、汗や皮脂の分泌が過剰になって、肌カビが出たりと、被害者は多いんです。

 

特に化学繊維のレーヨンが良くありません

 

皮膚科ではヒートテック禁止令が出るところも!

これは似たような商品なら、どこでも同じです。

 

 

もしも謎の痒みがあって、ヒートテック系を使用しているのならば、一度中断して様子を見て見ましょう!

 

金属アレルギーは痒みだけではありません。

謎の疲労感、だるさとして出る場合もあります。

なんかおかしいなぁ、と思ったら着用を止めて、様子を見て見ましょう!

 

 

体温調節機能が落ちる

人の体は、使い続けると、それ無しでは居られなくなる。

今の環境に順応するために、ヒートテックを付けた状態での、調整を体が行います。

 

ヒートテックによって温まると、体がそれに頼りきりになってしまします。

そうなると、体の調整機能が狂ってしまいます。