アスペルガー男の頭いっちゃってるブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的奇妙な事も書いていきます。躁状態早く来い!

MENU

疲れやすい、冷え性、肌荒れ。その症状はかくれ糖尿病かも!?

 こんばんわ!モノです。

今回も新しい発想が出てきたので、まとめてみようと思います。

私の病気改善シリーズですね(笑)

 

これまでのあらすじ。

 

①精神薬では病気は治らん!ステロイドではアトピーは治らん!

対処療法ばかりだ。原因が隠れてしまう!

病院洗脳から目覚めた!

 

②原因は何だ?とりあえず手当たり次第に試して、効果があるものを探そう!

(食事改善や、健康食品の購入)

 

③金属アレルギーの発見。銀歯を全部取る

 

④偶然試していた、漢方薬、サプリが効いた

 

⑤体調が完全に治り、彼女も出来て有頂天に、そして全てを忘れる

 

⓺暴飲暴食、アルコール40度の酒を浴びるように飲み、病気再発

(私ってほんとバカっ!)

 

⓻再び迷宮へと元通り、一から原因を探る

 

体調の不良の原因は何だ?

栄養不足か?

腸に穴が開いている、リーキーガットか?

カンジダ菌の感染か?

慢性疲労症候群か?

腸内環境か?

電磁波か?

色々やってきました。原因不明の体調不良の情報は溢れています。

 

⓼ついに原因究明に近づく。←いまここ

 

毛髪検査のB12不足、血流改善の漢方が効いたこと、酷い冷え性、貧血に似た症状。

つまり私の血流に原因がある!と言う所まで行きつきました。

 

やはり私は検査結果から、貧血ではない、血流に問題がある!

ということでさっそく、応急処置。

アルギニン&シトルリン、マカを試してみています!

後当帰飲子という漢方も!

 

血流が悪いことは分かったけど、でも何で血流が悪いんだ?

まだ原因は解明していませんでした。

何かヒントが欲しい、そこで血液系の本を購入しました!

 

 

病気が嫌なら、血球に酸素を。──やってはいけない! 「抗酸化」

病気が嫌なら、血球に酸素を。──やってはいけない! 「抗酸化」

  • 作者:植村 伸一
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2018/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 この本が大当たりでしたね!

文章が読みやすく、無駄が無く、文字も大きい。

1時間ほどで読み終わりました、良本です!

 

病院はビジネスだ!、病気が治ったらお金にならない。

まだ病院に洗脳されている人は、読んだ方がいいですね~。

 

 

この病気が嫌ならの本から得た事は、糖が血液をドロドロにするというものです。

糖がメインになってしまうと、脂肪や、ミトコンドリア系のエネルギー元は働かなくなってしまう。

 

ここでそういえば自分、糖尿病とか、高血糖の症状もあるなぁと思いだしました。

 

食べても痩せる、甘いものが欲しくなる、のどが渇く、全身だるく、疲れやすい、視力の低下、目のかすみ、性欲減退、老化、冷えなどなど

 

これ全部糖尿病の症状です。(もろ私じゃん!)

もしかして私は、糖が過剰で血流障害が起きているのか?可能性はあります。

私は老化現象である、糖化が起こっていると思います。

 

まだ30才なのに、明らかに皮脂が老化していて、ずっと悩んでいました。

特に米を食べた後は酷い。

 

米を食べると、だるくなったり、昔から体調不良を起こすんです。

それで昔調べて、高血糖だと思い、お米を控えて体調が良くなった時期もあります

 

今回紹介出来ない本で、人間のエネルギー元、ミトコンドリア系は女性、解糖系は男性と書いていました。

生命は大昔微小な細菌で、酸素が少なかったから、解糖系である真核生物、嫌気性真正細菌は生きて居られました。

しかし地上に酸素が増えてくると、生きられなくなることに。

そこで酸素をエネルギーにしている、ミトコンドリアとくっつくことで生き伸びているらしいです。

 

もしかして、解糖系をなるべく使わないで、ミトコンドリア系をメインで使えば、老化しないし、若々しく美しくなれるのでは?と思った。

 

 

ガクトは米を20年食べていないらしい

最近テレビで見る、ガクトさん。

見た目が綺麗で、パワーもあって、普通の人間と明らかに違いますよね?

ガクトさんは徹底して、米を食べません。

というかパンも、炭水化物も取らないそうです。

バナナのCMで、果物で太ることは無い。と断言しバナナを食べていました。

 

そして過去のバンド時代に

食べ物はミトコンドリア、と答えていました。

 

この人もしかして、何十年も前から、この知識を持っていたのか!?

ワインの知識の勉強量から察すると。

この人は、才能だけでなく、とんでもない勉強家で、頭が良いんだなと思いました。

 

ガクトさんを調べてみると、子供の頃は病弱でよく入院とあり、ここで勉強して知識を得たのかもしれません

 

 

過度な糖質制限は危険

糖質は悪だ!という情報は出回って、糖質制限信者まで増えています。

しかし糖質って筋肉に必要で、糖質制限は、筋肉である心臓に負担をかけます

過度な糖質制限は、心臓病などの、突然死のリスクが跳ね上がるんですね。

 

なので極端に無くす、というよりどんどん減らしていく方が良いと思う。

私はお米で体調を崩しますし、これから控えて見ようと思います!

 

運動などで糖質は必要ですから、血糖値が比較的上がらない、冷やした炭水化物は食べすぎなければ大丈夫。

果物もいいですね。

 

という事で今後の方針は!

 

ある程度の糖質制限(空腹も大事!)

血流促進は続ける。

 

この二点、対症療法と、原因治療をやっていこうと思います!