アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

私の精神病の原因を考える。糖化、酸化。副腎疲労!精神病の真相はここまで来た!

こんばんわ!

またまたアレルギーで体調を崩していました!。

今回も自分の、病気考察の独り言です。

 

 

www.blog-apurine.com

 

 

www.blog-apurine.com

 

 

www.blog-apurine.com

 

結論、精神病の原因は貧血。

 

貧血と言っても、簡単ではありません。

鉄欠乏性、悪性貧血、自己免疫疾患、消化器出血、出血性の病気などなど

貧血の原因は多種多様です。

 

精神病の原因は、貧血だ!

と結論付けまして、そういう本もたくさん出ています。

しかし私の場合はちょっと違くて、血めぐり不足です。

私の場合、数値的に血液は正常で、鉄欠乏でも、悪性貧血でもないことが分かりました。

 

となると・・・血めぐり不足の原因って何だ??ってなりました。

その時にたどり着いたのが、糖の代謝異常でした。

 

血管がダメになったり、コレステロールが溜まって、血管が詰まったりするのは知っていると思います。

 

私は血めぐりが非常に悪くて、息切れ、酷い冷えなど、貧血同様の症状があります。

なのに貧血状態ではありません。

 

私は悪玉コレステロール値が低い方で、血管年齢も非常に若いです。

なので血管に異常があるとも考えにくい。

 

私はおでこのしわが、若い時から非常に多いです。

おでこの多いしわは、心臓病など、循環器が悪い事を示しているそうです。

 

もしかして私は心臓が悪い!?

私は以前拍動43という徐脈です。

私は若いので拍動がこれだけ少なくて、驚かれました。

この数値は、ボクサーや格闘家、マラソンランナーなど心臓が鍛え上げられ、拍動が少なくても全身に血が巡るタイプだからです。

 

なのでスポーツマンだと思われましたが、全く運動しない病弱体質です。

病気の拍動が少ない原因は、加齢、動脈硬化など。

 

 

この少ない拍動で息切れ、だるさなどの貧血症状が出ます。

徐脈によって、酸欠になるので、貧血に似た症状だと思います

この心臓の動きが悪い事が、私の血めぐりの悪さの原因かもしれません。

 

しかし子供の頃からの症状なので、加齢、動脈硬化とも考えにくいです

しかし子供の頃から、脈が弱く、計れない程だったので、幼いころから徐脈だったと考えられます。

 

徐脈の対処法

病院では、ペースメーカーを付けるそうです。

これは金属なので、金属アレルギーの私は無理ですね!

 

徐脈の対処法はなかなか見つからず仕舞い・・・。

心臓で怖いのが心筋梗塞だ。

 

その原因の中に、高ホモシステイン血症、糖尿病がある。

私は最近自分のB12,葉酸不足を怪しんでいるので、高ホモシステインは除外して。

他の原因、喫煙、肥満、高LDLなど当てはまらない。

 

やはり糖尿に近いのだと思う。

 

最近私は、副腎疲労の原因にも、糖があることを見つけた。

副腎は上がった血糖を下げる働きもある。

なので甘いもの、血糖値を上げるものは、副腎を疲弊させる。

 

血糖値の異常も精神病の原因です

 

かと言って糖質制限をすると、エネルギー不足になり危険です。

低GIの食品を食べたり、炭水化物は冷えてから食べる、食事の最後に食べるなど工夫次第で対処できます。

 

最近私はオートミールを食べています。

これは食物繊維が豊富で、たんぱく質、ビタミン、ミネラルも豊富で、鉄分も多い。

味が美味しくないと続きません、人により好みですが、私は大変気に入りました。

 

私はアレルギー体質で、ずっとステロイドを使っていましたので、副腎疲労になっていると思われます。

副腎疲労を知らない人もいるかもしれませんが、非常にうつ病に似ている症状で、鬱病の原因とも言われています。

認知度が服いので、残念ながら日本で診断されることは無いのでは?と思います。

 

なので私の場合、副腎疲労で血糖値の異常、糖中毒になっていると思われます。

そこから様々な症状が出ていると思われます。

 

今一度副腎疲労と向き合わなくちゃいけないと思いました。