アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

病気改善と、治る症状。世界が平和になる方法

前回の続きで、前回は自分の病気の正体を掴んだというお話でした。

今回は、それを改善すれば、私がどのように変われるのかの詳細と、

同時進行でやるべきことを話していきます。

 

今回は今の、自己治療を続けて、改善したらどう変われるのか

明るい未来を想像してみます!

 

今回はグダグダと自己語り、かも

 

 

www.blog-apurine.com

 

前回記事です

 

 

www.blog-apurine.com

 

これまでの情報まとめです

 

 

私の症状

 

1、高セロトニン、低ヒスタミン状態(B12,葉酸不足)が治ったら

2、銅過剰が治ったら

3、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、ヨウ素不足が解消されたら

4、たんぱく質不足が解消されたら

 

1、高メチレーション(B12,葉酸不足)が治ったら

 

まず重要なのが、高メチレーション状態

これが全ての元凶です。

不眠を引き起こし、不安や恐怖、社会不安、を作り出している元凶。

GABA不足引き起こしたり、ドーパミンも多いので興奮しやすく、怒りやすい。

社会不安障害なんかも、このタイプと思う(診断は受けてないが私は社会不安があると思う)

不当に人を疑う、悪い方に考えてしまう、という症状もある。

元々低メチルだったが、高メチルになり低ヒスタミンになると、食欲を抑えたり、脂肪を燃やすヒスチジンも減ってくる。

だから最近、メタボにも悩んでいます。

(毛髪ミネラル検査で、コバルトがほぼ無かった)

葉酸不足はあるか分かりませんが、B12が無いため、B12の摂取を継続し、同時に葉酸も必要なのでセットで摂取を継続します。

 

高メチルが解消されたら

 

まずよく眠れるようになり、睡眠の質が上がるので、体も回復するし、元気になる。

不安も無くなり、体力も付き、元気に仕事していけるだろうなぁ。

GABAを正常になり、ドーパミン、セロトニンも正常になれば、人格的にも落ち着きと、安定感が出てきて、穏やかになれるだろうなぁ。

やる気も上がり、このメタボ体形が、がっちり筋肉体形になっているだろうなぁー。(今も筋トレ中)

 

 

2、銅過剰が治ったら

 

銅過剰も、脳の興奮性、攻撃性に関わっていて、精神病と関りが深い

精神病には銅過剰が多い、と本で読み、毛髪ミネラル検査で発覚した

銅と亜鉛が1対1のようなバランスが取れていればいいが、私の場合銅が亜鉛の、2倍ありました。

この銅過剰を改善することが、私が穏やかな人間になれる事。

 

銅を低下させるには、ビタミンB3(ナイアシン)ビタミンCが有効

銅と競合する、亜鉛、マンガンも有効で、セットで摂取すれば排出は加速する。

私は、亜鉛も高めなので、マンガンに期待していますが、鉄も銅を使うので銅を排出するのに役立つのではないかと思います。

 

私は炎症体質で、鉄が利用できなく貯蔵鉄が230と多くなっていますが、毛髪検査では少ない。

貯蔵が多いが、利用できていないため、鉄不足の可能性もある。

更に炎症体質が改善していけば、鉄の摂取もすると思う

 

3、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、ヨウ素不足が解消されたら

 

私は多くのミネラルバランスを崩しています。

ナトリウムとカリウムのバランスが悪く、カリウム不足

筋力低下、疲労感、脱力感が起きています

 

カルシウム、マグネシウム不足も深刻で、神経や、精神に悪影響です

神経過敏や、不眠、不安、精神異常、など色々な問題を引き起こします

ヨウ素不足もあり、エネルギー不足で、疲労感が出ます

 

他にもゲルマニウム、というミネラルも不足気味ですが、このミネラルは情報が少ないです。

ししゃもに多く含まれるようで、意識して食べていきたいです。

これらの栄養素が足りれば、元気になり、不安や精神異常も無くなるでしょう。

 

4、たんぱく質不足が解消されたら

 

これが一番の根っこの問題。

生まれながらのアトピー、アレルギー体質、これは親のタンパク不足。

事実私の母親は、肉が食べれない程苦手で、刺身も苦手です

 

それからステロイドを使用し、タンパク不足はどんどん深刻に

消化酵素不足、胃の萎縮、などが起きて、栄養不足が起こる

だからたんぱく質を充足させないと、ミネラル、ビタミンも効果を発揮しない

 

皮膚はたんぱく質だし、筋肉も、消化酵素も、消化器官も全部たんぱく質。

タンパク不足が改善されれば、見た目も良くなり、筋肉が付き、栄養が満たされる

そうなれば容姿も、精神も改善されるはずです。

 

まとめ

 

こうして見ると、今現在私には、何重もの精神への問題が起きています。

これらを改善して、早く本当の自分を取り戻したい

本当の自分を見てみたいし、色んな事にもチャレンジしたいし、力を付けて自分の力で生きていきたい。

私は色々な病気、症状があるけど、諦めないし、止まる事は無い。

今まで調べた結果を実行し、改善するよう信じていこうと思います。

 

今現在は、たんぱく質の充足が進み、栄養素療法も効いてきました。

ナイアシンが良く効いている感覚です。

 

 

 

色々妄想します・・・

 

本当の正しい情報が伝わり、病気で苦しむ人が減ってくれたり、希望を持てるような社会になって欲しいです。

 

私は人格障害、犯罪者、いじめ問題、攻撃的な人たち、戦争・・・。

そういう問題の根底になるのが、栄養素の不足と考えていますから。

栄養素のバランスが違う事で、個性も出ますが、人に迷惑をかけるような人には、将来栄養素療法で、穏やかで平和的な人格に治療出来ると思います。

現代社会の問題、あおり運転、自粛警察、SNSいじめ、こんなのも攻撃性の増加、ドーパミン異常だと思う。

 

人の精神を一部決めているのは、神経伝達物質やホルモン

それは人の身体で作られてて、人の体の一部です

目に見えない、精神というのは心の問題が全てではなく、肉体の異常でもある

肉体の異常を治せば、精神も正しくなる。

私はそう考え、ここに世界平和とか、人種差別とか、環境問題など、人間が超えられない壁を超える鍵があると思う。

人を作っているのは、食べ物や、栄養素。

その人間がこの世界を作っている。

 

その人間を正せば、この世に理想的な世界がやってくる、とさえ思います

人も、世界も全てが良くなる、その鍵が、栄養素療法なのかもしれません。

 

心の問題、と捉えいくら宗教を極めても、凶暴な人間が居れば理想世界は訪れません。

世界の方々は、聖書が理想と考えますが、あくまで理想で実現性が無いです

ここまで究極な理想があるのに、それでも世界は、人々は平和的にならない、それが現実です。

その究極の精神論である聖書を超え、全てを救うのが栄養療法だと思う。

 

全ての人間の、体内の栄養素バランスを調べ、おかしければ治療する

そうすれば、精神異常者や、その傾向がある人たち、攻撃的な人たちはこの世からいなくなる。

これは非人道的だろうか、これは本人にとっても、周囲の人間にとっても、世界にとっても良い事だと思う。

これが実現できれば、本当の人間の姿で、新しい世界が出来上がると思う。

真の平和、争いの無い世界、犯罪や、争い、地球上にケンカすら起きない世界。

皆容姿も輝き、希望に満ち溢れ、幸せな感情を持つ

 

これは現実的でかつ実行可能な改善方法です。

宗教や主義主張より、現実的でもっと優れた変革方法ではないでしょうか。

 

栄養療法、オーソモレキュラーを知らない人は、何言ってんだ、馬鹿、と思うだろうけど。

栄養療法、オーソモレキュラーを真に知っている人は、栄養療法にここまでの可能性があることを知って悟って欲しい。

世界を変えるには、人間を変える。人間を変えるには肉体を変える。肉体を変えるには食べ物。

 

だから好戦的で、貧乏な国は飢えて、野心が芽生え、攻撃的になるのかもしれない(北朝鮮)

栄養不足だから、栄養を取らなくちゃ!となり攻撃的になるのかもしれない。

世界の国々も、トップになる人は、野望があったり、比較的攻撃な意欲的な人じゃないと権力を手に入れることができない。

だから国対国は反発しやすく、争いが起きる。

私たちのような平和的な人間は、なぜ争い合うのか疑問ですが、攻撃的な人たちは攻撃しろしろ言い、この世のなかを理解されます

ここに攻撃性と言うものがあり、それは精神であり肉体です。

今まで人は、栄養不足を補うため、攻撃性で食べ物を得てきた。

しかし今の世界は、大規模戦争を起こすような先進国は違う。現代の叡智、栄養素の抽出で、栄養不足は直すことができる。

そうして栄養不足が満たされれば、攻撃性は無くなる。

これが医療の主軸になれば、理想世界が出来るかもしれない。

 

この栄養療法は、薬物療法によって叩き潰された。

本当の高いところの権力では、病人が無くなったら、世界が平和になったら、お金を得て支配できないと言うことでしょう。

この栄養療法を広めることが、平和に繋がり、苦しむ人を救えますが、なんとしても阻止され、叩き潰されるでしょう。

これに気がつき、発信している事は危険なことですね。

 

久々に色々と妄想しました・・・。