アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

これで世界が平和になるかも。栄養療法の可能性

いきなりですが、どうしたら世界が平和になるのか。

これって人類の永遠のテーマだと思います

私も、この世の中が、怒りや憎しみでおおわれている現状が嫌で仕方ないです。

世界平和は、私にとって一番重要なテーマです

あの悲惨な、広島、長崎への核攻撃

いつ中国と、アメリカが戦争するかと言う状態で、何千発もの核ミサイルが飛び交う、恐ろしい戦争になりかねません。

 

この現状で、平和を叫んでも、トップの人間には届かない

それはこの世が弱肉強食の法則で、平和は力あるものが勝ち取るものだから。

平和が、欲しい欲しいと叫んで、手に入れられるものではない。

そう頑張っている人たちもいて、正しい精神だが、現実は解決していない

だから感情、精神に訴えるのではなく、物理的アプローチでないと効果を発揮しない

 

環境問題を訴えても、それを実践すれば国力が落ちる

弱肉強食のこの世界は、言葉で中々解決できず、非常に厳しい世界です。

第二次世界大戦は、平和主義を利用し、ナチスドイツが強大化した。

今の中国も同じで、平和主義が中国を強大化させ、再び暴走しようとしている

実は、戦争原因に、平和主義がある。

皆さん平和に行きましょう、と言う中で悪人が一人出れば、利用されて終わりです

 

平和を作るのは人間一人一人
平和とは人間すべてが、競争世界からの脱却で、競争しなきゃいけない理由は、食べる為です。

人間は食べ物から出来ていて、精神は神経伝達物質の影響を受ける
人の攻撃性も栄養不足から来ていて、人間世界の食育が本当の平和の道
つまり全ての人間が栄養で満たされれば、幸せになり穏やかになり、平和が訪れる
宗教や、平和主義は幻想で、拒否されたら終わりだ。事実解決できていない

戦争を引き起こすような独裁者は、必ず栄養素の異常があるはずで、生まれつきこれを矯正できれば、戦争は起きなくなるはずだ。

 

私たち日本のように、恵まれれば、今の状態が良い、戦争なんかしたくないってなる

でも貧しい国は、豊かになりたいと思って、野心、攻撃性を出します。

人間個人も、栄養不足になれば精神病になったり、攻撃的になります

その集合体が国家です。

 

私自身長らく、精神病の勉強をしてきて、栄養素の過不足が原因と分かりました

私は平気で他国を侵略しようとする人たち、国家が、攻撃的、支配的な精神になっていて、精神が異常だと思う。

自分を、自国を豊かにするために、他国に危害を加える、これは異常だと思う。

その異常を、栄養療法で改善できると私は思う。

 

 

遺伝、知能、性格、精神疾患

 

人の性格、人間性は、生まれつきの遺伝、社会形成の二つがあるとされています。

私の場合、生まれつき凶暴凶悪で、人を見下し、悪口を言いまくり、いたずらしまくり、暴れまわる、人の迷惑を考えず、延々としゃべり続ける。

小学生の頃は、独裁者になると言う夢がありました。

 

そこから大変な鬱を経験して、大変な苦労をしました。

そして今の性格は、世界の平和を真剣に考え、性格も優しく、人の気持ちを考える人間で、凶暴性も身を潜め、他人優先になり、かなり穏やかな性格となりました。

 

私は自分の性格が、何度も変わり

凶暴な性格から、非常に暗い性格になり、とてもピュアな性格になり、とても楽観的で明るい性格になり、優しい性格になり。

いくつもの性格を経験しています。

今では自分が、何故あんなに、凶暴だったのか、暗かったのか不思議なくらいです。

 

そこには神経伝達物質と言うものがあり、これが幸せ感、攻撃性、不安感などを作っています。

その神経伝達物質の原料が、たんぱく質であり。

親に似る、遺伝性というのは、親からの栄養を引き継ぐところにもあると思う。

先天性の病気の原因には、有害金属、栄養不足、有害物質、化学物質色々な社会毒も影響しています。

私の母親は、肉が食べれなく、刺身も食べれません。なのでタンパク不足で、そこから生まれた私もタンパク不足です

その為生まれつきアトピー(皮膚はタンパク、免疫はタンパク)で精神もおかしかった。

 

ペットの犬も栄養不足だと狂暴になる

https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=32761

 

野生動物も空腹だと、凶暴になると言うのは想像しやすいと思う。

私の場合、肉をあまり食わせてもらえず、キャベツばかり食べていた記憶がある。

人の皮膚はたんぱく質だし、臓器も、髪も至る所が、人間はたんぱく質で出来ている

 

だから人の精神も、見た目すらも、たんぱく質を中心とする栄養素で改善できる。

 

栄養素で、食事で防げる

 

精神疾患は栄養不足の代表的な病気

世の中の常識は、バランスのよい食事

これは既にその人の体内が、バランスのよい状態で、それを維持するためならいい。

でも病気成っている、バランスが崩壊している人が、バランスの良い食事をしても病気は良くならない。

 

ピンポイントで、不足している栄養素を、極端に入れなければならない。

そうやってバランスを整えてから、バランスの良い食事をすればいいが

殆どの人はそれが出来ていないと思う。

それが出来ると、有名人、芸能人のように、キラキラと輝くことが出来る。

 

意欲が無い、見た目が悪い、不安が強い、うまく行かないのは全部栄養不足のせい

 

意欲で有名な神経伝達物質は、ドーパミンです

十分なドーパミンには、十分なたんぱく質、ビタミン、ミネラルが必要です。

 

見た目が悪い人も、ホルモン不足や、タンパク不足、栄養不足

ホルモンの原料はたんぱく質で、肌はたんぱく質で出来ています

十分な栄養状態が良い人は、見た目も良く、意欲的で自分に自信もある。

これは神経の状態が良いと言う理由もある。

 

糖質過多が問題

 

たんぱく質が足りてない、栄養素が足りていないと、体がエネルギー不足になる

そうなると、すぐにエネルギーになる糖質を欲するようになる

これが糖質中毒で、ジュースや、パン、小麦製品、甘いものが好きな人は、たんぱく質が足りていない。

 

栄養不足で筋力不足、摂取するのは糖質ばかり

こうなると抜けられない、肥満への道を歩むことになる

エネルギー不足で、糖質ばかりなので、やる気も起きず、動かなくもなる

肥満の原因は、この糖質中毒で、栄養不足です

 

栄養不足で、タンパクが不足すると

 

精神が不安定になり、やる気も低下、見た目も悪くなり、痩せか肥満になる

男性だと筋力も低下し、禿げてくるだろう。

女性も精神不安定、肥満、ヒステリックなど異常が出てくる

 

 

知的格差も縮める、13%の知的優遇者の支配からの脱却。

 

今の世の中は一部の人間が、膨大な富を得ている

栄養素と知能は関係がある

日本は比較的IQの高い国です。

それはオメガ3が多い魚を比較的食べる事、ヨウ素摂取量などがある

他にも、葉酸、B12など脳神経に影響する栄養素は、知能に影響するでしょう

 

その為先進国では、小麦に栄養素が添加されていますが、日本ではそのような事はありません。

食事は国力アップにつながるので、日本も初めから栄養素の添加をしてほしいです

 

 

犯罪者は栄養強制を

 

今の世の中、犯罪は完全に防げない

犯罪者は生まれつきおかしい、性犯罪者にはGPSを

大量殺人には死刑しかない

迷惑行為を防止できず、実害が出ないと捕まえられない

あおり運転、詐欺、暴力、性犯罪、迷惑行為など様々な問題が横行している世の中です。

 

これを防ぐ唯一の方法が、栄養素矯正だと思います

中国なんかでは、精神的に矯正したり、日本でも刑期に服す方法がある。

でもこれって、その人の人生を奪うものだし、やる人は何度でもやります

そこに問題があります。

 

栄養素矯正の場合は、栄養素の過不足を検査し、数か月栄養療法で、精神を治します

犯罪者には、ミネラルの過不足が多く、異常な亜鉛値、銅値などあります

こうした異常なミネラルバランスの崩壊が、神経伝達物質を狂わせ、異常なドーパミン過剰による攻撃性、異常性、衝動性を生みます

 

これをやれば、たくさん人を殺したい、という異常な攻撃性のある、死刑にされてしまうような人が、普通の人間になり、普通に暮らすことが出来ると思う。

被害者を無くすだけでなく、本人も救う

同じ人間、生まれつきの殺意が絶対なんて、私は無いと思う

 

辛い経験、大変な苦労も、ストレスにより多くの栄養を失う

そこで精神が歪んでしまう事もあります。

失った人を取り戻したい、となるのも攻撃的になるのも、ドーパミンが過剰になるから。

 

本来の自分を取り戻し、病気がこの世から消える

 

犯罪者まではいかないけど、今の自分に不満がある

なんで自分はこうなんだろう、なぜうまく行かないんだろう

人にすぐ怒ってしまったり、人を疑ってしまったり。

不安や、無力感、ストレスからの回避、容姿に自信が持てない。

人には色々な悩みがあると思います

 

私は自分の不足している栄養素を把握し、充足させれば、その問題も無くなると思います。

神経伝達物質の過不足

今の栄養療法は、まだ本当の情報が広まってない

だから栄養療法の本当の力が、広まらないでいる

 

何故あの有名人はあんなに輝いていて、私たち一般人はこうなのだろう

同じ人間のはずです

肌の状態など、ある程度遺伝子は決まっていますが、しっかりとした栄養素をいれば、誰でも容姿が綺麗になると思います。

 

現代は悪い食べ物が多すぎる

 

人間はたんぱく質で出来ています

私たちの皮膚、臓器、酵素、免疫、髪の毛、精神、ホルモン、全部たんぱく質が原料です。

私たちの皮膚、臓器、酵素、免疫、髪の毛、精神、ホルモンなどは、野菜や、糖では出来ていません。

だから糖質ばかり食べていると、老化して何もかもが悪くなります

もちろん必要な事は必要ですが、摂取量が多すぎる。

 

ラーメン、餃子、たこやき、お好みやき、蕎麦、白米、ジュース、清涼飲料水、パン、ピザ、ケーキ、アイス、ポテチ、チョコ、ハンバーガー、揚げ物、お酒、丼もの

 

世の中にはこうした、糖質過多の物が溢れています。

これらは原料が安いので、安く提供できて、コストが低いです

安さに惹かれても、栄養はあまりありません。

 

こういうものを食べていると、どんどん見た目も、精神も悪くなります

自然界には存在しない食べ物、には注意ですね。

 

自然な食べ物は、芋、野菜、肉、魚貝、海藻などですね。

 

 

独裁者は精神異常、闘争的

 

有名な独裁者として、ナチスドイツの、ヒトラーがいます。

彼は菜食主義で、肉を食べると体が腐ると信じていました。

また彼は、冷媒体質で、霊感が強く、精神も高ぶりやすく明らかに普通ではありませんでした。

タンパクを控える事で、肉体を弱め、精神性を向上させる効果があります

神社で神が肉を嫌うとか、お坊さんの精進料理など、精神性をあげたり、修行するにはメリットがあります。

ヒトラーは菜食主義で、霊感を維持していたと思います。

 

有名人で見ると、表現者、芸術家、アーティストが多い

中には、豆系でタンパクを取る人や、魚はおkなど人によってもかなり違う

ハリウッドスターなんかは、スーパーフードのようなもので、しっかりとした知識の上で菜食主義を実践して、精力的に活動しているのかもしれない

私が知っている物だと、オートミールなんかはたんぱく質が多い。

 

菜食主義は栄養素の過不足問題のうち、過剰に焦点を合わせたもので、特別な理由が無い限り勧められるものではない。

過剰なものは控え、足りないものを補うのが正しい。

しかしどんな人間でも、同様の量と言うのも違うだろうし、人によって違くて個性も出る

 

人類の知的レベルがあがる。環境問題の改善。

 

今の現代人は、社会のストレスが多い

その為に地上は、SNSで悪口、趣味に没頭、動画を見る、買い物、ドライブ、休む

など自分のことで一杯いっぱいです

 

ましてや政治の事、環境問題の事なんて、本当に興味がある人や

時間を持て余した高齢者、無職の人などでもないと関心が行かない

皆が皆政治や、環境問題に興味を持ってもらう事は難しく、生活に余裕が無いといけない

一般人でも、深く学んだり調べる時間が無いから、とにかく政府批判が目立ちます

 

時間が無く学ぶ時間がないから仕方ないのですが、これでは国が良くなるはずがありません。

中国や、アメリカ系の新聞社の情報に踊らされて、政治不信にもなっている

どれだけ政治家が、官僚が頑張っているか、現場も知らない

何も知らないで新聞やメディアの情報だけで、批判している人が多い

 

栄養素が足りるようになれば、ストレス解消なんていらなくなるので、時間が増えます

読書したり、スキルを上げたり、有益な事に時間を使うようになります

今やっている事は本当に有益で、自分の為になっているのか

貴重な時間を無駄にしていないか、考える事も出来ます

ボーっとテレビや動画、SNSをやっている間に、勉強したら自分の為になるのではないか、考えられます

 

 

高齢化問題解決、高齢者が元気な現役世代になる

 

現代社会の、社会保障費は、深刻な問題です

少子高齢化、若者が働き、社会保障費を支えています

この問題も、病気になったり、弱まる高齢者が居なくなり、みんな元気になれば彼らも働けます。

何より、病院に通わなくなることで、医療費を減らし、社会保障費を削減できれば、財政に余裕が出来ます。

そのくらい社会保障費は大きな負担となっています

 

特にも筋肉が弱まる高齢者が問題で、しっかりとたんぱく質、栄養素を摂取し、筋肉を衰えさせない事が大切です。

現実に高齢でも元気いっぱいの、お年寄りはいて、皆そうなれば税の負担が大幅に減ります。

 

 美男美女だらけになる

 

人はたんぱく質で出来ています

見た目もたんぱく質、筋肉もたんぱく質で出来ています

肥満は、糖から出来ています。余分な糖は体内で、溜まる脂肪となります

たんぱく質に満たされ、それを利用するミネラル、ビタミンが足りて代謝が良くなれば、当然肌が綺麗になり、容姿が良くなります。

 

異性を引き付けるホルモンも、たんぱく質です

容姿が良い人ばかりになれば、少なくとも自分の容姿で悩んだり、自信が持てない事は減ります。

容姿に加えて、精神も安定するので、自分に自信が持てるようになる

コンプレックスも気にならなく、自分の個性を愛せるようになったり、自分を愛せるようにもなる。

そういう内面から出る、輝きも出てくる。

 

西洋医学が一部不要になる。

 

西洋医学で言えば、外科、歯科、救急医療など、実践的、技術的医療は本当に素晴らしいです。

しかし中には、治らない慢性病を、薬でコントロールするケースもある。

例えば高血圧なんかは、ナトリウムと、カリウムのバランス崩壊や、筋力不足、高齢の問題がある。

ガンや、循環器系、血管系も、明らかに食べ物が原因です。

精神科も栄養不足、アトピーも栄養不足

婦人科系、男性機能系も栄養不足

免疫低下系の病気も、栄養不足

栄養摂取で治る病気はたくさんある。

 

 

 

個人の異常が治ると言う事は、世界平和になる

 

栄養療法には、個人の問題を解決する力がある。

攻撃性、病気、精神異常、嫉妬妬み、不安不満、強い主張

私はこの世の中を、人間一人一人が作っていると思っています

 

だから個人の問題を解決する栄養療法は、世界の問題も解決すると思います。

人間が世界を作るので、個人の救済は世界も救える

本当の意味で、現実的、物理的に人間個人レベルで、人が一人ひとり良くなります

この世界に異常者が一人もいなくなり、他人を思いやれるようになる

宗教は世界平和を掲げたり、個人の救済の役割がありましたが、栄養療法が常識になれば、宗教はもっと高次元なものへと変わります。

人間の悩みが無くなるので、他の心理の追求が出来るようになります

そういう意味では、現代にあるような宗教は不要になるでしょう

誰もが穏やかになり、犯罪はおろか、喧嘩すら無くなる。

本当の意味で戦争は、喧嘩レベルで無くなる。

誰もが幸せに満たされ、悩むことなく

精神性の向上に努めることが出来る

 

人間社会に余裕が出来るので、いかにこの世界を良くするか、未知の世界への探求など、高いレベルの出来事を扱うことが出来るようになる

 

 

宗教は、心が繊細な人向け

 

心が弱いと言うイメージをもたれるが、肉体(精神)に弱った人。神経伝達物質

肉体(精神、神経伝達物質)が弱くなるので、精神の強化を図ろうとする。悟りの習得

哲学者、伝説的作家、芸術家にはうつ病、精神病など、自殺者が多い。

精神性の強化には、粗食、肉食を避けるのは向いている。

うつ病(神経伝達物質過不足)は精神修行

 

栄養素療法を標準医療に、潰された過去

 

ライナス・ポーリングというノーベル賞を2度も取った、化学者がいる

史上最も偉大な20人の科学者で、あのアインシュタインと共に選ばれた唯一の20世紀の科学者

そんな彼は、ビタミンやミネラルなど疾病予防に効く栄養素の重要性を一般社会に知らしめていました。

彼が生んだオーソモレキュラー療法(栄養療法)は非常に画期的で、合理的なものでした。

しかし学会は無視し、弾圧し、西洋医学が主流となりました。

これは病気が治ってしまったら、薬が売れない、利権が無くなるという理由からでしょう。

薬の開発も膨大な費用が掛かります

これが広まれば、自分で病気を治せるので、多くの雇用も失われる、社会的影響も大きいというのも理由の一つかもしれない。

しかし救われる命、病もあるので、そういう意味では許せる事では無い

 

その消されてきた栄養療法が今、欧米では先端医療となっています

日本でも、オーソモレキュラー療法の病院が、どんどん増えて、保険対象になってくれたらなぁと思います。

 

オーソモレキュラー療法を義務化に

 

全ての人間の、栄養素の状態把握と、栄養素の錠剤、注射による栄養療法を現在医療の常識にすれば犯罪も減ると思う。

怖いことではない、現代でも、ビタミン注射、ビタミンc注射は行われている。

一般人には情報を知らないが、芸能人はよくやっている。

一般人とはレベルの違う、美男美女&高い精神性は、栄養素の注射の効果もある

最近では、最も稼いだ音楽家、小室哲哉もニンニク注射(ビタミン注射)愛好家だった。

彼は100億以上稼いだようです

 

何故、有名人は、一般人と違う美貌、容姿、才能、意欲を持っているのか、疑問を持たなくてないけない。

彼らは一般人とは違う、何かをしている。

何故攻撃的な人は攻撃的なのか、考えなくてはいけない。

 

それらはある程度、遺伝で決められ、その後社会性生活により形成されるとしている。

心の問題、うつ病などは、決して怠け、気合い、努力不足などではない。

これらは肉体の病であり、厳密に言えば、神経伝達物質の問題

やる気、幸せ、落ち着き、神経伝達物質の働きです。

だったらそれを、補えばいい。

その元となる栄養を、摂取すれば解決する。

 

健康な人でも、足りない栄養素を補給すれば、更に自分の才能が開花したり、自分らしくなれるかもしれない。

才能ある人は更に活かせるし、美男美女も更に磨きがかかる

 

 

遺伝子検査で分かる、栄養素の過不足

 

私は遺伝し検査で、ビタミンB 6 、ベータカロテン EPA,DHA,が不足するという結果が出ました。

B 6が不足しやすい遺伝子ということは、たんぱく質、神経伝達物質に異常が出やすいと言うこと。

そして不安がおきやすく、セロトニンも不足しやすい。

ベータカロテン、EPA,DHA が不足しやすいと言うことは、脂質の異常や、抗酸化物質の低下から、皮脂の異常

B6と合わせて、皮膚に異常が出やすい体質で、生まれてから25年間アトピーでした。

しかし栄養療法により、栄養素を摂取することで、即座に治りました。

 

 

 

毛髪ミネラル検査で、ミネラルの過不足が分かる

 

オーソモレキュラーの病院にいけば、自分の体質を検査することが出来ます。

しかしその病院は、田舎だと無かったりして、私は中々通うことが出来ない。

自分で出来る検査方法として、遺伝子検査の他に、毛髪ミネラル検査がある。

あの大女優、米倉涼子さんも、定期的な毛髪ミネラル検査を行い、ミネラルの過不足を把握し、健康管理に勤めているそうです。

 

f:id:monoru:20191126093015j:plain

 

これが私おおよそ、一年前の結果ですが酷いものです。

ナトリウムとカリウムのバランスが崩壊し、慢性疲労を引き起こし

マグネシウム、カルシウムは異常に排出され、体内で不足が予想される

銅が異常に高く、精神障害の典型的ケース

コバルトがほぼ検出されなく、悪性貧血、高メチル、不眠、冷え性など酷い状態が予測されます。

 

これを矯正して、バランスを整えれば、私は真人間になれると思います

 

 

 

健康問題の、デマや洗脳誘導

 

健康問題は、根幹であり、土台であり重要な問題です。

なので健康情報に溢れ、訳のわからないデマや、健康法に溢れ、私たちを惑わします。

 

でも単純な発想で、ただ単に何かが足りていない、と言うことなんです。

肥満は栄養が足りてないから、だるくてやる気が起きないし、栄養が足りてないから食べ過ぎてしまう。

しかし食べるのは、栄養の無い、瞬時にエネルギーとなる糖質というのが、問題。

エネルギーが足りてないから、瞬時にエネルギーとなる、糖質、甘いもの、清涼飲料水を飲むのです。

 

テレビはこの食べ物がいい、これが良いとやります。

ネットでも菜食主義や、玄米主義とか、色々あります。

でも大事なのって、何が自分に合うかです。

 

遺伝的体質によって、菜食主義が向いている人もいて、それでうまくやっている人もいる(超少数)

でも大抵の人には向きません

 

野菜が体に良い!とやっても、その人はナトリウム不足で、カリウム過剰だったら野菜は体に良くない。

その人の体質に合った、足りないものを把握して、摂取しバランスを取り戻すことが大切です。

そして現代人は、特にたんぱく質不足で、糖質過剰です

栄養素も、ビタミンB不足、ミネラル不足も深刻です

何故なら、栄養の無い糖質過剰の食べ物が、安くて美味しいからです。

 

この世界は、一部の高知能者により、多くの罠が仕掛けられています

一般人はそれを知らずのうちに操られ、搾取されています。

テレビで操られ、ネットでも操られ、真実は知らされない。

一部の高知能者、支配者の為に、搾取され続けています

 

栄養素の重要性、人間の土台の根幹の問題

それが世界へと繋がり、やがて平和を乱す原因となる

土台がしっかりしていれば、悪い芽は育ちません。

栄養療法を義務化して、病気を根絶し、悩み不安を無くし、怒りすらも根絶させれる

栄養素が足りれば、自分が自分がという余裕の無さから解放され、他者を思いやることが出来る。

そういう事で、個人間の問題から、世界レベルの問題まで、全てを解決する力が栄養療法にあると思う。

 

世界を操っている、世界財閥、秘密組織には、菜食主義が多いんです

霊感を得るためなのか、神とのつながりを持つためなのか知りませんが

彼らは、菜食主義により、心の余裕が無くなり、世界を支配してやろう、聖書を妄信し神を崇拝したり、残虐な行為が出来るのだろう

菜食主義を否定するわけではないが、栄養バランスや、神経伝達物質が不足すると狂暴になる。

栄養素が足りてないから、より多くの物を欲しがり、支配的、攻撃的になる。

栄養素療法義務化が、この世の中を理想的な世界にしてくれると思う。