アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

【慢性疲労】最近の体調報告!少し良くなってきました。【貧血】

こんばんわ、ものです。

前回の自己治療方針の結果、徐々に体調の方に変化が起きました。

前回もメチルB12が効いてる!という感じでしたが

その先の自己治療も行えるようになりました。

 

かなり専門的で難しい話、かもしれませんが分かりやすく説明したいと思います!

 

www.blog-apurine.com

 前回の方針↑

 

私の病気&症状は、本当にいっぱいありまして、それが生まれつきで当たり前と感じていたこともあります。

 

症状を書いていくと

 

不眠、思考力低下、末端冷え性、異常な体の固さ、直ぐに疲れる、不安感が強い、落ち着きがない、異常なテンションになる時がある、肌が荒れている、皮脂の老化

など数々あります。

一応精神科には通っていますが、薬を飲むほどでもなく、大きく問題視されないので自分で治すしかないという症状ばかりです

 

これまで自分の体質を分析し、原因を探って、数多くの問題点、改善策を考えてきました。

私が参考にしたデータは、血液検査、毛髪ミネラル検査、遺伝子検査などです。

ここから私に足りない栄養素が分かり、まずはこれを改善しようと取り組んでいます。

 

原因1、たんぱく質不足

 

たんぱく質不足は、血液検査のBUNの数値で分かります。

私の数値は11前後(男にしては超低い)で、これを20にする事を目指しています

タンパク不足なので、私はコレステロールも不足しています。

 

たんぱく質不足だと、肌荒れ、消化酵素が減り栄養不足、体の修復、神経伝達物質の原料、貧血など多くの害があります。

肉体はほとんどが、たんぱく質で出来ており最も重要な栄養素。

精神に関わるB6,B3なども、アミノ酸から神経伝達物質を作るので、精神にも重要

 

治療法としては、ただでさえ消化酵素不足になっているので、タンパク不足解消は時間がかかり、根気よく肉、魚などのたんぱく質摂取、プロテインの摂取が必要です。

 

原因2、B12,葉酸不足の高メチレーション

 

B12不足は、毛髪ミネラル検査から判明し、私は数値が検出されなかったレベル。

B12,と葉酸は作用が似ており、赤血球を作る効果、メチレーションを回す作用がある。

B12,葉酸が不足すると赤血球が大きくなり、毛細血管を通れなくなり、末端冷え性や、脳にダメージを与えます。有名なのが悪性貧血ですね。

 

これがメチレーション回路というものに作用しており、精神状態にも影響を与えます。

B12、葉酸が不足すると、高メチル状態(セロトニンなど神経伝達物質過剰)なり材料が不足して今度は鬱になる。なので躁鬱の原因にもなります

 

治療法としては、栄養療法では注射によって投与されることが有効です

私の場合メチルB12、葉酸のサプリメントを大容量摂取しています。

トローチタイプの吸収率が、とても上がるのでおすすめです

人工葉酸は、利用できる人が半々で、出来ないと悪影響を及ぼします

 

 

[海外直送品] ナウフーズ メチルB-12 5000mcg 60トローチ
 

 

私が使用しているメチルB12 5000mcg トローチタイプ

活性型葉酸も入っている。

湿気安く、変色しやすいので、冷蔵庫で保管した方が良いです

 

 

原因3、ビタミンB不足

 

糖質過剰生活ならばB1が重要、精神病ならB6,B3が重要です

私の場合、遺伝子検査でB6不足が分かり、血液検査のLDでナイアシン不足が分かりました。

LDは144でしたが、200を目指します

ナイアシン、B6共に、神経伝達物質を作るので、私の様なB12、葉酸が不足している高メチル(神経伝達物質過剰)が摂取すると、更に過剰になります。

 

セロトニン症候群になったり、体調不良になったりします。

しかしB6,B3が不足しているのは事実で、高メチル解消後に摂取する必要があります。

現在B6を摂取したところ、以前の様な体調不良にならなくなったので、摂取出来るようになりました。

高メチルが改善し、B6でGABAを増やすことができ、この先不安感や、タンパク不足も解消していけたらいいです。

 

原因4、銅の過剰

 

精神病患者、精神異常になる要因は、他にも銅過剰があります。

銅過剰で神経伝達物質のバランスが崩れます。

これも毛髪ミネラル検査で判明しました。

統合失調症である彼女と、私、どちらも異常な過剰な銅が検出されました。

 

原因としては銅を使用する、ミネラルの不足、ビタミンの不足です

亜鉛不足、マンガン不足、鉄不足、B3不足、ビタミンC不足などです

亜鉛不足は血液検査、ALPで分かり、マグネシウムもALPで分かります

私は176なので、200を目指していきます

 

原因5、ナトリウム過剰、カリウム不足

 

これも毛髪ミネラル検査で判明しました。

私はナトリウム10に対し、カリウム1の比率でした。

カリウム不足は、慢性疲労を引き起こすので、常に疲れています。

 

カリウムは野菜、芋などに多く含まれるので、野菜スープにサツマイモ入れて食べています。芋ならじゃがいも、里芋もカリウム豊富です

飲み物だとトマトジュースがカリウム豊富です

何にせよ、塩分控えめも大事です

 

原因6、ヨウ素、カルシウム不足

 

ヨウ素も不足していて、エネルギー不足を引き起こし、疲労を引き起こします

カルシウム不足は、不安感が強くなるので、カルシウム摂取も大事です

ヨウ素は直ぐに、動悸や、発熱が出るので、色々症状が治ってから試そうと思います

 

 

疑問点、フェリチン高値

 

フェリチンは貯蔵鉄で、私は数値が205あり高値です

これはB12,葉酸不足で、製造能力が低いからか、炎症で細胞から漏れているからか、のどちらかなぁと思っていますが分かりません。

赤血球濃度は高いので、そのせいで貧血が隠れています。

 

最近は葉緑素が貧血に良いようなので、スピルリナ、クマザサを服用

フェリチンが高値だが、B12、葉酸を大量摂取しているので、鉄も摂取している

最近は末端冷え性が改善し、手がポカポカしているが、熱すぎる気もしますね~。

 

 

このように原因は複数あるので、その症状も同様に変わってきます

私の場合は、何重にも異常があり、治療には時間がかかります

彼女は銅過剰、タンパク不足位しかないのに、私の方は本当に酷い有様ですね。

ミネラルバランス崩壊、不足、ビタミン状態も最悪、タンパクも不足、こうして見ると酷い状態です。

 

 

そもそも何故、このような体調不良になったのか

 

私の場合、生まれつきアトピーだったので、生まれつきたんぱく質不足、各種栄養素が不足して生まれてきたのだと思います。

長年精神異常、皮膚疾患、体調不良に悩まされてきました。

 

一度体調を改善させましたが、再び体調不良になりました。

その原因は恐らく、飲酒で、40℃の酒をガブガブと飲んでいました。

アルコールは各種栄養素を消耗させるので、それで再発したと思われる。

今ではノンアルコール飲料しか飲みません。

 

他にも栄養素を消費させるのが、糖質です

なので糖質制限することも、病気治療に重要で、気を抜くと糖質中毒になるので、重要視していきたいです。

 

パン、スイーツ、ラーメン、ご飯もの、小麦系、ピザ、蕎麦

ほんと美味しいものが多くて、中毒になりやすいです

エネルギーが不足していると、素早くエネルギーになる糖質を欲しがってしまいます。

 

そんな感じで今回は、高メチル状態が解消してきて、B6を摂取することが出来るようになったという進展がありました。

エネルギーも高まりを感じ、脳が少しは働くようになりました。

この調子で、早く完全に病気を治したいです。

 

 

毛髪ミネラル検査[26元素]

毛髪ミネラル検査[26元素]

  • メディア: その他
 

 

私には検出されませんでしたが、ヒ素、アルミニウム、鉛、水銀、カドニウムの有害金属の蓄積も判断できます

 

 

 

遺伝的に不足しやすい栄養素が分かり、そこからなりやすい病気も分かる