アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

アトピー、発達障害、精神障害の病気の原因、全体像

こんばんわ、ものです

今回は私の病気の全体像を書いていきます

私の病気、持病は、アトピー(ほぼ完治)、アスペルガー、慢性疲労です

後双極性障害もありますが、ほぼ収まっています

 

なのでアトピー(ほぼ完治)、アスペルガー、慢性疲労、双極性障害

になぞって書いていきます。

 

生まれつきの体質、タンパク不足

生まれつきアトピーで、アレルギー体質でした。

なのでほぼ生まれつきから、ステロイドを使用していました。

 

アトピーはたんぱく質不足の病気なので、たんぱく質不足の体質です

母親が肉を食べれない人で、明らかにタンパク不足

幼少期も肉を食べさせてもらえず、野菜ばかり食べていました。

 

生まれた体質、育った環境、大人になるまでも食が細く、タンパク不足でした。

(免疫はたんぱく質で出来ている)

 

www.blog-apurine.com

 

 

カンジダ感染、真菌感染の恐ろしさ

 

体にカビが生える、体内にカビが生える、と言う事は恐ろしい事です

普段は善玉菌があり、免疫力が高いので、普通の人にも真菌はいますが、悪さをするほど大増殖はしていません。

 

しかし長期ステロイドで免疫が落ちたり、抗生物質で善玉菌が減ったり

食生活が甘いものばかり、免疫力が低いなどの要因で、カンジダが大増殖します。

 

このカンジダは様々な毒素を出したり、免疫を狂わせたり、様々な原因不明の病気と関係があります。

特にアレルギー疾患(アトピー、甲状腺疾患など)、自閉症系とは深いつながりがあります。

これを解決するのは、非常に難しい事です。

 

除菌はかなり根気がいる&菌が糖質など餌となるものを求めるため、自然と糖質、酵母系、ゼラチン系、甲殻類の殻などを求めるように操られてしまう

 

 

www.blog-apurine.com

 

 

リーキーガット、腸漏れ

 

リーキーガットとは、腸に穴が開き、そこから毒素が漏れ様々な体調不良を引き起こすという症状。

海外では有名な、グルテンフリーはこの、リーキーガットを防ぐ為です。

小麦タンパクであるグルテン、乳タンパクであるカゼイン、穀物、野菜のレクチンは腸を傷つけます。

 

カンジダ感染していると、腸も傷つくのでリーキーガットを併発しやすい

カンジダ感染していると、小麦製品、甘いものが欲しくなります。

 

単純なリーキーガットなら腸を傷つけるものを辞め、腸を修復すればよくなります。

オススメはたんぱく質ですが、ホエイプロテインがオススメ。

たんぱく質を利用する、ビタミン、ミネラルも重要です。

 

副腎疲労、長期ステロイド

 

副腎疲労は、腎臓の上にある臓器、副腎が疲労する症状です。

副腎は数多くのホルモンを作り出し、ストレスに対抗するホルモンも出します

なのでストレスは副腎を酷使するし、副腎が強ければストレスに強い。

 

ホルモンを出すので、副腎が元気ならば美容にもいい。

ステロイドは別名、副腎皮質ホルモンです

幼い頃からステロイドを使用している私は、この副腎が弱ります。

 

ステロイドでホルモンを補給しているから、副腎が働かなくなって萎縮します。

対策としては、副腎に必要な栄養素を摂取(ビタミンB群、ミネラル、たんぱく質)

あとはツボ押しくらいしか知りません。

 

胃下垂

 

私は胃下垂で、姿勢も悪いです。骨盤がズレています

タンパク不足で、ステロイドを使い、筋力が枯渇しています

それで姿勢を保てず、猫背になり、骨盤が歪み、胃下垂になりました

 

施術したところで、筋力不足なのですぐにまた骨盤が歪みます

まずはタンパク不足を解消しないといけません。

しかし胃下垂だと、胃の能力が低いので栄養吸収もイマイチです。

 

ペプシンやベタイン塩酸、消化酵素などで補助する必要があるでしょう