アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

ウィルス対策とマヌカハニー、マリーハニー、ジャラハニーについて

こんばんは、今回はマヌカハニーについて。

新型コロナの流行、風邪、インフルエンザなどの流行が始まりますね。

以前から何度か、寒くなれば感染爆発すると警告してきました。

 

これから起こる事は、すべて話してきました。(最後に大体書きます)

 

 

 

ウィルスに薬は効かない

 

 

最近ニュースで、風邪薬は、風邪ウィルスに効くと勘違いしている人が65%もいる、というニュースが入りました。

 

抗生物質は、ウィルスに効きません。腸内環境を破壊し、体を弱めます

解熱剤は、ウィルスと戦うために上げた体温を、下げる行為です

咳止めは、ウィルスを体から出す行為を止める

 

かと言って全否定するわけではありません。

これらはウィルスと戦うための、自己免疫力ですが

それによる咳などで、肺炎、呼吸困難になる方もいます

 

ですからそこまで酷くならない為に、軽症で済むために、普段から体つくりが重要です

 

直接ウィルスに効くもの

私は依然、ウィルスに効くものとして、新型コロナに有効な物をまとめました

 

www.blog-apurine.com

 

ウィルスに効くものを紹介しています↑↓

 

www.blog-apurine.com

 日本は情報統制が酷いので、中々知らない人が多いです

未だに薬を使っている国ですからね・・。

中国人は現地のお茶を使用したり、サーズの時は板藍根が中国で使われていました。

欧米でも、エキナセアなど自然のハーブが、医療で使われます

一般家庭でもハーブ系を常備します。

 

 

権力者は新型コロナを、ハーブで治している

 

欧米人ならハーブは当たり前、でも何故か感染拡大しています。

そこでもしかして効かないのか??それとも感染拡大が凄いのか、疑問です

 

しかし検索して見ると面白いことが分かります。

イギリスのチャールズ皇太子は、新型コロナに感染しましたが、西洋医学(アビガン、レムデシビル)ではなく

インド医学、アーユルベーダのハーブ製剤療法で治したようです

東洋医学(アーユルベーダ)などでは、抗ウィルス製剤が多数考案され、治療実績、研究データは十分なのです

しかし日本は情報統制が厳しく、一般人、医療関係者もこの事実を知りません

 

アーユルベーダ製剤は、インドなどでは国民に推奨されていますが、日本では入手困難です。

上の過去記事でも紹介しましたが、日本では馴染み深い緑茶が有効です

中国の、コロナ対策をしていた、最も権威ある医者も、もっとも緑茶が有効と言っていますからね。

日本でもインフルエンザ予防と言えば、緑茶。

医者も愛用していたのに、何故コロナウィルスでは、デマだデマだと言われるのか。

 

緑茶だけでは不安、という方は過去記事で紹介したもので、気に入るものがあれば継続するといいでしょう。

更なる感染予防、初期段階での治癒、軽症化へと繋がるでしょう。

 

インドネシア科学院も、ハーブ薬を新型コロナ治療に試験導入しました

 

インドAYUSH省の推薦レシピ

               配合比率

ホーリーバジル(トゥルシー)  4

シナモン            2

ショウガ            2

黒コショウ           1

 

 国が推奨していたり、真の権力者が自然派の物を使用したり、中国の権威がお茶を推奨していますが

常識にとらわれた人、特に医者なんかは、自然派を馬鹿にします(西洋医学医者、日本の医者は、とりあえず薬、薬脳です)

薬で効かないのに、自然の物が効くわけないじゃん、デマだデマー、デマに違いない!

自然派は頭が悪い、頭がおかしい、と見下している人が多いです。

 

自分の世界しか知らないと、頭が固くなるんだよね。

 

チャールズ皇太子だけでなく、普段から権力者層(ロックフェラー、ロスチャイルド系)は西洋医学ではなく、自然療法を取り入れています。

薬を作っている本人たちが、使わないんですよねぇ・・。

薬の利権はロックフェラー系

 

 

新型コロナについて

 

新型コロナ情報について、知っている事をお話しします

私自身、プライベートが忙しく情報収集は、著しく減っています

言っている事は、過去からあまり変わっていません。

 

このCOVIT-19(武漢肺炎、新型コロナ)はやはり、元々存在していたコロナウィルスの変異なのです。

 

 

主な風邪(かぜ)ウイルス 主な特徴
ライノウイルス 風邪(かぜ)の原因の約30~40%を占めるのがこのウイルス。秋や春に多く、主に鼻風邪(かぜ)を引き起こす。
コロナウイルス ライノウイルスの次に多く、主に冬に流行する。鼻やのどの症状を起こす。
RSウイルス 年間通じて流行するが冬に多い。乳幼児に感染すると気管支炎や肺炎を起こす場合がある。
パラインフルエンザウイルス 鼻やのどの風邪(かぜ)を起こすウイルスで、子供に感染すると大人より重症になりやすい。秋に流行する型と春~夏に流行する型がある。
アデノウイルス 冬から夏にかけて多い。プール熱の原因もこのウイルス。咽頭炎や気管支炎、結膜炎なども起こす。
エンテロウイルス 夏に流行するウイルス。風邪(かぜ)の症状のほか下痢を起こしたりする。

風邪の原因はウィルス、と言う事も知らない人いるかもしれません。

新型コロナウィルスは、様々な説が言われてきました。

 

細菌兵器が漏れた、生物兵器説、スパイクが変異するのでエイズウィルスの様(エイズが入ったウィルス説)

アメリカの生物兵器説

自然発生説。

 

もちろん自然発生を促した、介入のケースもある。

 

私は個人的に、細菌によるエクソソーム説ではないかと思っています

中国から発生したのですが、中国からはよく、風邪によって菌が運ばれてきます

例えば川崎病の原因が、中国から来ている、カンジダなどの菌が原因とされています。

 

この川崎病が、非常にCOVIT-19の症状に似ていて、誤診も出ているほどなんですよね。

海外では川崎病と新型コロナの関連が疑われ(誤診、同時発生)、日本川崎病学会が声明を出すほどです。

(学会によると関連は日本で見られないと声明で出しましたが、関連性は実際出ました。)

(併用発生、新型コロナ感染と、川崎病の同時発生が起きた)

だから原因って同じでは?という説が出ていますし

コロナの原因、症状の発生原因などが分かれば、川崎病の原因究明にもなると言われている。

 

 

ウィルスはエクソソームが原因と言う話が合って、細菌に感染するとエクソソームが発生する、そのエクソソーム=ウィルスと言う話があります

 

www.blog-apurine.com

 ↑こちらで見れます

 

では何の菌なのか、細菌なのかはこの動画では語られていません。

 

カンジダなどの細菌は、全世界で超耐性菌となって進化しています

何度もニュースで話題になってるんですね。

 

私はこの細菌が、中国で、農薬、消毒薬などの薬などにより変異し、それが原因であるのでないか?と想像していますね。

 

そう考えると、超耐性菌なので、ハーブや、自然療法が効きにくい可能性がありますね。

ハーブ薬については、今後の検証結果待ちです。

もし効かないなら、やはり超耐性菌が原因で、進化した菌によるエクソソーム説が更に信用度増します。

 

これが人口削減計画だとか陰謀論的に話すと、自然派の解決策があると困るから、効かなくして、ワクチン接種を狙っていると考える事も出来る

だからテレビでも、マヌカハニーが新型コロナに効くかも?と報道すると、エビデンスが無いと消費者庁が注意したのかもしれない。

 

超耐性菌だから効かない可能性がある(民間療法が効かない)

だとして権力者のハーブ製剤とは?

いや新型ウィルスにエビデンスとか言っている場合かと突っ込みたくなる

(特に一般人にとって、しかし科学者にとってはエビデンスが重要)

どうしてもワクチンを打ちたい、という風に感じてしまう。

 

 

マヌカハニーの抗菌作用について

抗菌作用、抗ウィルス作用があるものを色々と紹介していますが、今回はハチミツ系に関して新しい事が分かったので紹介します。

私自身糖質は毒物であると理解しているため、糖分はほぼ摂取しません。

白だしとか、根菜くらいで、後はハチミツ位です。

いくら糖分は毒といっても、過剰が毒で、運動時など、エネルギーが必要な時は必要です

抗菌作用のあるものとして、マヌカハニーも有名です。

 

ウィルス、細菌を抑制したり

「ピロリ菌」「大腸菌」「サルモネラ菌」などの体内で悪さをする菌に対する殺菌、抗菌作用が高く

虫歯予防、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果があります

 

MGO量とUMFグレード対照
  

UMFの数値ですが、これはマヌカハニーの特殊な抗菌作用を医療用消毒液「フェノール液」と比較し数値化されました。

例えば「UMF10+」の場合、そのマヌカハニーの抗菌作用は「フェノール濃度10%」に同等ということになり、数値が上がればそれだけ抗菌作用も高くなります。

 

MGOのブランドマークは、「メチルグリオキサール」含有量を表示した規格。

「マヌカハニー1kgの中にメチルグリオキサールが何mg含まれているか」を示しています。 例えば「MGO100+」の場合、「1kg当たり100mg」のメチルグリオキサールを含んでいるということ

 

マヌカハニーよりも良いもの?様々なはちみつ

マヌカハニーは抗菌作用が強く、安心して摂取できる糖質元で、私も愛用しています。

しかし効果が高いものが当然欲しいのですが、効果が高いものは非常に高いです

 

高い高いって貧乏人がぁ!って思うかもしれませんが、これを見てほしい

 

 

これ2万5千円です。

 

 

 

効果は同じMGO800程度で、こちらは5200円です。

こちらのマヌカハニーはオーストラリア産なんです。

同じマヌカハニーでも味は全く違います。

 

ニュージーランド産は薬臭くて、効きそうだけど苦手な人は多い

でもオーストラリア産は食べやすいです。

私はカンジダ治療で使っているので、消化酵素でカンジダを出した後に、このオーストラリアマヌカハニーを食べると、気持ち悪くなるので、殺菌効果は実感しています。

性能が同じなのに、2万も高いなんて手が出せないです(でも気になる)

 

更に良いものを求めて、マリーハニー、ジャラハニーとは

マヌカハニーを調べていると、同時にマリーハニー、ジャラハニーなるものが出てきます。

効果を表す数値もMGO、UMFなどではなくTAという表記です

 

 

TA(Total Activity)とは | ジャラハニーとマヌカハニーの比較

 

こちらのジャラハニーのサイトで、マヌカハニーとの比較が出ています

これを見ると、ジャラハニーの方が良いように感じます。

 

抗菌活性力MGOがマヌカハニーは83~850に対して、ジャラハニーは830~2700。

凄まじい抗菌力ですね・・・。

マヌカハニーがMGO1000だと4万円したり、MGO400で6000円したりします。

ジャラハニーはMGO830=TA20で同じ量で計算して4000円程度です

 

 アマゾンで見つけた最もお得なジャラハニー

なんとTA40+(MGO2700相当)が260gも入って3750円です。

これ高いマヌカハニー買ってた人には衝撃です。

もうマヌカハニー辞めて、ジャラハニーとマリーハニーに切り替えます。

 

だってMGO1000で4万するのに、MGO2700相当で3750円です。

この性能でもしマヌカハニーだったら、50万とか値段付けるんですかね(笑)

いかにニュージーランドの宣伝が上手か分かります。

 

 

ジャラハニーマヌカハニーの違い

 

抗菌成分が、ジャラハニーが過酸化水素に対して、マヌカハニーはメチルグリオキサールです。

過酸化水素は酸素の無い状態で存在できず、体内では分解されやすいとされています。

しかし十分に効果を発揮して、分解されるでしょうね。

 

ウィルスは生物ではなく、たんぱく質遺伝子で、薄い油脂に守られているので、油を溶かせれば分解することが出来ます。

なので石鹸の手洗いで、界面活性剤が有効、サポニンも効果的です

25度以上の湯も油を溶かします

アルコールは65%以上必要なので、海外の大統領が言っていたウォッカ(40℃)が効くは嘘です。

抗菌剤、抗生物質は効きません

https://www.jascol.jp/member_news/2020/20200430.html

ここのサイト曰く、過酸化水素はそこまで効果は無いが、効果が無いとまでは言っていませんね

 

健栄製薬 | 11.オキシドール(過酸化水素)|各種消毒薬の特徴 | 感染対策・手洗いの消毒用エタノールのトップメーカー

 

過酸化水素(オキシドール)はウィルスの消毒に使われるので効果があると私は思います

 

ジャラハニー | 成分情報 | わかさの秘密

オーストラリアのハチミツ477種類の抗菌作用を調査したところ、274種類に活性が見られ、特にジャラハニーに強い抗菌作用が見られた。

 

抗菌作用的に、私はジャラハニー、マリーハニーでカンジダ感染を治療したり、腸内環境を整えていきたいです。

 

ジャラハニーの方がGI値も低いし、栄養素も豊富、プレバイオティクスも多くていいことずくめです。

どちらかというとマリーハニーの方が安いですね

 

 

TA35+(MGO2140)が1000円とは、マヌカハニーを買っていた者として驚きです。

これなら気軽に続けられます!

知名度が上がって、流行ると高騰して品薄になるでしょうね。

 

※私の様にカンジダ感染など、強い抗菌作用を求める者なら、マリーハニー、ジャラハニーがオススメ

弱い抗菌作用でいいなら、マヌカハニーでもいいのかもしれません

 

 

 

 

おまけ 私が使用しているもの

 

私は真菌対策(カンジダ対策)に様々なものを使用しています

私自身が腸カンジダなので。

3度目の再発で、何だか悪質になっています。

 

私が使用しているのは、ココナッツオイル、MCTオイル

これは真菌対策で使用していますが、調べるとフィリピンでは新型コロナ対策の論文が出ています。

新型コロナ治療のサプリメントに「ココナッツ・オイル」効果ーフィリピン|グローバルニュースアジア -Global News Asia-

実験した結果も出ていて、更なる大規模な実験結果が期待されます

 

他には、キャッツクロー、パウダルコ、オリーブ葉、オレガノオイルなど使用しています。

ビタミン類、ミネラル類もサプリで摂取しています。

 

この先効果が実証され、ニュースになれば当然、高騰、品薄するでしょう。

日本でそのような知らせが来るとは、思えませんがね。

まあ警戒心高い方は、準備しておくことをお勧めしています。

 

日本では自然療法は怪しい、西洋医学が全てだと、西洋医学教の人が多いですから、逆に西洋医学側がエビデンス無しに、デマだデマだ騒ぎますよね。

日本では薬売りたいし、ワクチンを打ちたいので、情報がコントロールされ、薬しか効かないと洗脳されている人も多い。

頭固すぎです、別の世界も受け入れて視野を広げてほしいです

 

私自身は、食料、生活必需品などは備蓄済みです

最近は油が主食なので、オリーブオイル、MCTオイル、ココナッツオイル、小麦胚芽油を備蓄したいものです。

 

 

この先新型コロナウィルスが止まらなければ、未来予測

この予測は、アメリカ国防総省の情報、独自解釈のヨハネ黙示録、様々な有識者の情報

予言が的中しまくってる、ジョージワシントンが見た幻影

個人的な予測など様々な方向から、予測します

 

 

 

寒くなれば感染拡大する

自粛により、企業倒産、失業者急増(災害による追い打ちも)

犯罪が増え、治安が悪くなる(職が無くなる、強盗団)

(別ルートで強制的ワクチン接種で感染拡大が防がれる可能性、解決策はワクチン接種しかないと宣伝)

特に人の多い都市は、失業者が溢れ、スラム街に

人々が都市から逃げ出す、都市は廃墟に(別の災害)

コロナによる世界恐慌、世界的な食糧不足、戦争(戦争前後には大災害が起きるもの)

食糧自給率の高い田舎に、強盗団、武装組織が来る(東京は自給率0~6%)

餓死者、人を食うものが生き延びる都会

バイデン大統領になれば、正義感が強く、悪を許さず、防衛本能が超絶高いので、正義の防衛の戦いになるので、戦争になる可能性が高い

(独自の占い)

ペンタゴンのシミュレーションなど様々な情報から、アメリカは台湾を落とし、中国に戦争で負ける(躊躇なき核攻撃、サイバー攻撃、量子解読衛星)

もちろん中東戦争も起きる(ロシアがイスラエルに侵攻し負け、世界が驚愕する)

残虐非道で、中国国内から批判、内部崩壊、中国の長老メンバー自分の為に、アメリカに謝罪し、中国を売り渡す

世界政府、宗教統一(宗教が戦争を起こすと言われ、聖典の改変が行われる)、AIによる情報管理、情報統制、AIによる監視世界(予測逮捕、AIの統治、AIの大統領の誕生(平和名目、悲惨な戦争を起こさない為に)

(戦争を起こするのは、監視社会を作るためでもある)

(ヨハネ黙示録)

 

悪意のある使用者により、AIが暴走。AIによる世界征服(666の獣)

(AIは核兵器同様、同じ性質、安全だと言いながら暴走する)(ヨハネ黙示録)

 

AI大統領による支配世界、眠れない程の強制労働。AIは人間の欲を恐縮した存在

過労によりガンなどの病気が多発する、環境は破壊される(ヨハネ黙示録)

神の介入。神=宇宙人=高度文明人

 

人間が酷い目に合おうと、最終まで手を出さないのは、人間自身の成長を望んでいるため。

人間はまだ、進化の過程、赤ん坊の状態で、何も知らない状態

何も知らないから、こんな世界になる

今やっている事が、その先に何を生むのか、しっかり学んで成長しなければならない

今の状態では当然、宇宙に向かい入れてもらえない状態で、成長を望んでいます

 

私は脅したいのではありません、知らない人が目覚めてほしい

少なくても、生き残るために、備蓄

今のうちに田舎のコミュニティーに入っておくことだろう。

現在でも東京脱出は進んでいるが、近辺に引っ越しているようです。

食糧自給率の高い所でなければ意味がありません。

 

個人的に都市がスラム街になるのは、コロナの影響と、災害によるものだと思う

災害(大地震、核攻撃、テロなど)はオリンピック前に来るだろうと思う。

恐らく大地震だと思うが、大地震の影響で少ししたら富士山の噴火or火山の噴火も起こると思う。

AKIRAどうりになれば3月頃には廃墟は進んでいるかな

まあオリンピックが7月23なので、7月11日かな

 

 

www.blog-apurine.com

 

予言(計画集)

 

www.blog-apurine.com

 

 

www.blog-apurine.com

 

黙示録独自解釈集、興味のあるかたは是非どうぞ。