アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

禿げの原因、脂質不足について考える

こんばんわ、今回はハゲの原因について、深く考えようと思う

私も31歳・・・どんどん進行して行ってますよ~

まずは世間で言われている、ハゲの原因について、復習、語らせていただきます。

 

 

世間で言われているハゲの原因

 

  • 男性型脱毛症は悪性男性ホルモンが原因
  • 17型コラーゲン不足が原因
  • 主にレクチン、グルテン、カゼインによる腸の炎症
  • 栄養不足(鉄、タンパク、ビタミン、ミネラル)
  • 病気、ストレス、アレルギー

まあこんな所ですね。

 

禿げについて調べている人なら、頭皮が不清潔だから

油っぽいから。

頭皮に油が詰まっているから、何てデマなのでわざわざ説明しなおしません。

 

まずは↑の5つの内容について、出来るだけ短く説明した後に

持論を書いていきたいと思います。

 

男性型脱毛症は、悪性男性ホルモンが原因(AGA)

 

もっとも有名な原因ですが、意外と知られてない事もあるので書きます

男性にとって、男性機能を維持することは大切な事です

その為に生殖機能を維持することは、体にとって優先度の高い行為。

 

筋力不足、栄養不足、ストレスなど様々な要因で、男性ホルモンが低下すると、少ない男性ホルモンの作用を強くするために、より強力な男性ホルモンへと変わります。

それがいわゆる悪性男性ホルモン、というものです。

悪性男性ホルモンの作用は強力で必要なものですが、副作用で禿げたり、油っぽくなるので嫌われています。

その副作用で禿げるかどうかは、完全に遺伝です

 

これを改善するには、薬が有効で、フィナステリドや、強力なものではザガーロが有名ですね

 

17型コラーゲン不足が原因

 

要は頭皮が固くなって、弾力が無くなる感じです。

老化現象=糖化です。

コラーゲンといえば、ビタミンCが重要と言う事が有名ですが、吸収が糖と被るので、糖を摂取していると、ビタミンCの吸収が悪くなる。

 

コラーゲン不足と、糖質は密接なかかわりがあります。

糖は不必要なもので、糖化(老化)を起こしたり、内臓脂肪を付け、糖尿病、栄養素の消費など様々な弊害を生み出す、悪の根源。

そして食を気にしない人たちは、まんまと外食、お惣菜、甘い物など食べてしまうのです。

当然コラーゲンには、様々な栄養素が必要です。

多種多様な栄養素が必要なのに、糖質を摂取している隙などありません。

(労働者、激しい運動時には補助で、糖質が必要な場合もある)基本は不必要でドーピング剤のようなものです。

 

米系、小麦系(パン、ピザ、スイーツ、お菓子、揚げ物、粉もの、麺、)果物、ジュース、出来合いの物など。

別に食べるなと言っているわけでは無いので、老化しても別にいい人は食べればいいと思います。

 

主にレクチン、グルテン、カゼインによる腸の炎症

 

最近レクチンが、ハゲの原因とニュースになりました。

これは世界的最新情報で、私も原書を読みました(難しい)

レクチンは自然界の植物が、身を守るために身に着けた自然毒です。

レクチン、グルテン、カゼインは腸を傷つけます

 

特にナス科(ナス、ピーマンなど) 

ウリ科

穀物(オートミール、ソバ、玄米、トウモロコシ)

豆(大豆など)

 

グルテン(小麦タンパク)、カゼイン(乳タンパク)はもう有名ですから省きますが

よくネットでは、大豆は体に良い、玄米は体に良いと書かれています。

大豆は納豆、熟成された味噌ならレクチンは分解されるので大丈夫。

例えば豆乳なんかは、毒素が豊富で、ゴイトロゲン、トリプシンインヒビター、など毒素は豊富です。

処理してない大豆を、大量摂取するのは危険です。

 

玄米は体に良いと、とても宣伝されていますが、私は身をもって玄米で体調を崩しました。

こだわって、無農薬米を食べていた時もありますが、やはり糖質は糖質で、食べないに限ります。

日本人ならお米を食べなきゃ、という考えに根拠はありません。

血糖値が急上昇するので、私は食べるとすぐ眠くなります。

 

栄養不足(鉄、タンパク、ビタミン、ミネラル)と病気、ストレス、アレルギー

 

アレルギーがあれば当然、シャンプーなんかで髪が抜ける可能性が上がります。

シャンプーにこだわると、様々な成分が入っています。

何かの花のエキス、植物のエキスなど。

これが頭皮に良いシャンプー!と宣伝されていますが、大抵植物エキスがたくさん入っていて、アレルギーリスクが大きいです。

 

特にバラ科、キク科には要注意ですね。○○花エキス、カミツレ、ゴボウエキス、生薬系など様々なものが使われています。

なのでシャンプーはシンプルなものが安全です。

 

髪は頭皮という田んぼに生えている、稲の様なものです

土壌がしっかりしてないといけない。

頭皮、つまりたんぱく質が重要で、たんぱく質を利用する亜鉛などの栄養素、ビタミンが必要。

頭皮環境を保つ、脂質も重要です

 

 

今回は復習程度なのでこの位にして

ここから独自理論で行きます

 

 

脂質の重要性

ここまで男性ホルモン、コラーゲン不足、腸の炎症、栄養不足など様々な原因を取り上げてきました。

実はこの全ての原因は、脂質で解決できる可能性があります。

 

一般メディアでは、脂質といえば目の敵にされる存在。

悪は糖質から作られる脂質であり、脂質自体は超重要。

このだれも見向きしない所に、本当の原因は隠れているのかもしれません。

 

コレステロール(脂質+たんぱく質)=ホルモンの原料、細胞膜の原料

ホルモンの原料で、男性ホルモン、副腎ホルモンにも関わります。

ストレスもハゲの原因で、ストレスといえば副腎ホルモンです。

コレステロール不足、脂質異常も男性ホルモン低下の原因だと思います。(メタボも男性ホルモン低下)

 

脂溶性ビタミンにはビタミンA,E,Dがあるのですが、ビタミンAは副腎ともかかわりが合ったり、貧血防止、頭皮乾燥を防ぐ効果がある

ビタミンEは抹消血管を広げ、血流をよくし、抗酸化作用が強い

ビタミンDは腸の炎症を抑える効果がある。

 

血管に脂肪が固まるのは、悪玉コレステロールではなく、酸化悪玉コレステロールです

しっかり抗酸化の、脂溶性ビタミンを摂取することが大事です

 

脂質の改善

脂質には飽和脂肪酸、長鎖脂肪酸など様々な種類があります

有害なのは人工的に作った、トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニングなど)だけです。

動物性油も自然の物は全部人に必要なものです。

 

しかしバランスが崩れたり、酸化したりすることで悪い作用が出てしまうと、病気になってしまう事も。

良く言われるのが、オメガ6過剰、オメガ3不足です。

普段外食、ファーストフード、お惣菜を食べている人は、オメガ6過剰です

オメガ3は魚、アマニ油、エゴマ油に多いので、オメガ6を良く摂取する人はバランスを整えた方が良いです

 

終わりに

 

私はAGAの薬を半年くらい摂取しましたが、全く効果ありませんでした。

私はAGAだと思い込んでいましたが、AGAではないようです

恐らくコラーゲン不足(糖化)の老化が進んでいるのだろうと思います。

 

AGAって一気に来るそうですけど、私は進行がゆっくりですしね・・・。

 

 

私はアトピーでホルモン剤(ステロイド)使用時は剛毛でしたが、25年続けたステロイド剤を辞めてから薄くなりだしましたね。

なので私は、副腎だとか、ホルモンがかなり関係していると思います

私の場合、栄養不足(コレステロール不足)脂質、タンパク不足かなと思う