アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

カンジダ治療中断します

こんばんわ、ものです。

カンジダ治療、3か月経ちました。

状態は、どんどん改善していますが、1回目の改善時と状況が違う事に気が付きました。

そこが治療の遅れだ、と気が付き、また改善の余地が出来ました

今回は、カンジダ治療の注意点について書いていきたいと思います!

 

カンジダ治療、重症者は準備が必要。

 

私は2度アレルギーを完治させてきました。

食物アレルギーが、完全完治しているのです。

 

そして3度目の再発からの治療をしています。

しかし今回は、改善が遅れています。

何度もカンジダを殺菌し、カンジダに耐性が付いたか?と疑問視もしました。

 

しかし1度目の完全完治時は、実は消化酵素を使用していません。

カンジダ治療の消化酵素とは、消化器についたバイオフィルム(排水溝のぬめりのイメージ)という巣を作り大量にカンジダが居る状態。

 

1度目の治療(4年前)は1年近く乳酸菌を使用し、その後野菜や、食事療法、殺菌をしました。

その時の状態は、便が良い匂いがする程に、腸内環境が良くなっていたのです。

 

私はアスペルガー、アトピー、慢性疲労、双極性障害を患っていました。

これは重度のカンジダ症です。

ここまで酷いと、まずは腸内環境改善が先決の様です。

 

環境整うまで、消化酵素NG

3度目のカンジダ症再発した私は、今までの経験を活かし治療してきました。

アレルギー再発、脳は働かない、体調は悪い、人格まで悪くなります。

 

私は即効で治したいと思い、ハーブをガンガン使い殺菌

カンジダが死んだときに出す毒素(ダイオフ)による気持ち悪さが無くなり、次の段階に行けると思い

消化酵素で、更にカンジダを引きずり出し、殺菌していました。

 

しかし手に湿疹や、肌荒れ、あらゆるところが痒くなります

これはカンジダが死んだときに出す毒素で、アレルギーが悪化しています。

マニュアルどうりに使用しても、やはり腸内環境が良くなければ殺菌も間に合っていないと感じます。(気持ち悪さが抜けないので

(カンジダは善玉菌が食べる。)

またカンジダが出す毒素も、排出しきれなかったのでしょう。

 

腸内環境が悪い人(発達障害など病気レベルの人)はまず腸内環境を改善させることが、最優先だと感じました。

私自身、3か月目でも、消化酵素で体調が悪くなりました。

現在は消化酵素&殺菌を中断し、腸内環境改善を進めます。

 

それでも治療を辞めれば、カンジダはそれなりに減ったので、体調はまずまずです

治療を辞めたら、湿疹、痒み、アレルギーも収まりましたしね。

環境を整える事は大事なんですね。

  

また断糖を徹底し、エネルギー元を脂質に変えた事で、カンジダの餌が無くなり、カンジダが生き延びようと凶悪化します。

なので断糖は色々な記事にも書いてあり賛否両論だが、私は実体験から辞めた方が良い。

まずは腸内環境を良くすることからです。

乳酸菌は多めにとってもいい

私の様に病気のデパートの様な状態だと、腸内環境は相当悪いです。

乳酸菌やら、腸内環境の改善は非常に時間がかかると思いました。

しかし気が短い私は、もっと早く体調改善できないか、と思ってしまいます。

 

乳酸菌を海外の物で摂取していると、50億、100億と言うものがある

日本でも1兆個とかサプリで出ていますね。

一応乳酸菌に副作用はないのか調べた所、副作用はない模様。

 

腸内環境改善には1000億以上の乳酸菌が必要とのこと。

例えばビオフェルミンは一日の服用量9粒は約9億です

1000億以上必要なのに、9億じゃ全然足りませんね。

日本のサプリでも一日1000億のサプリが主流になりつつある(Amazon)

 

乳酸菌でお勧めなのが、糖化菌、酪酸菌、乳酸菌の3セットです。

この3セットを使うと助け合って、効率的に増えてくれます!

酪酸菌といえば、ミヤリサンで、ミサリサンと乳酸菌を組み合わせるのもお勧めです。

ビオスリーには初めから3セット入っているのでお勧めです

 

 

体調を見ながら、殺菌&消化酵素

腸内環境が整えば、積極的に、バイオフィルム剥がし&殺菌をしていいと思う。

環境が整っていないうちに、やりすぎると体調を悪化させたり、アレルギーが酷くなったり、持病を悪化させる。

毒素を排出しきれず、体内に溜まって体調不良、肌荒れ、痒みなどを引き起こす

 

持病が悪化してきたな(肌荒れが治らないなど)と思ったらいったん中断した方が良い。

気持ち悪さなどのダイオフも無理しないで、収まるまでは中断した方が良いです

 

今回私は、いったん中断して、腸内環境を整える事をやろうと思います。

乳酸菌の死菌は、1カプセルで1000億超えるけど、大抵ラクトフェリンやら、納豆菌やら、余計なものが入ってアレルギーなので使えないのが残念。

 

ミヤリサンや、海外製のサプリで地道にやっていくしかないようです。。。

乳酸菌同様、野菜を食べる事も重要です。

 

 

終わりに

 

何度もカンジダ治療をして思ったのは、殺菌して減らしても、根本的な環境が治らない限り直ぐに再発するということです。

殺菌しても、常に殺菌し続けることは出来ない

腸内環境が整い、善玉菌が多くいる事で常に、カンジダを食べてくれる、そうした環境作りが必要だと感じました。

 

環境が整って善玉菌優位になっても、食生活が戻れば再び再発します。

環境が整っても、酒、甘い物の取りすぎ、野菜を食べないという事で再発しますね。

これは一生かけて続けていかないといけない事なんだと思いました。