アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

大豆アレルギーが、アレルギーが起きない熟成味噌、醤油を使った結果

こんばんわ、ものです

今回は大豆アレルギーの私が、アレルギーの起きない味噌、醤油を使用して実験してみました。

熟成させた味噌、醤油はたんぱく質が分解され、アミノ酸になっているのでアレルギーが起きないとのことでした。

 

 

www.blog-apurine.com

 

 

今回使用した味噌、醤油

 

 

十年熟成味噌 500g
 

 

まずこちらの味噌です。

この味噌は10年熟成しているので、アレルギーは非常に出にくいと思います。

10年熟成したことで、アミノ酸を摂取出来ますし、何よりも抗酸化物質メラノイジンの量が凄まじいと想像できます。

 

この味噌は赤みそというもので、私自身初めて食べたのですが苦手な味でした

みそ汁などに使用しておらず、調理方法もまだ未開発です

酵素などを壊さないように、お湯で溶かして飲んでいます。

 

私は大豆アレルギーで、唇の皮が剥けてくるのですが、この赤みそはアレルギーが出ませんでした。

 

 

三年醸造醤油 (500ml)
 

 次はこの、3年熟成醤油です。

結論から言うとこの醤油もアレルギーが起きませんでした。

久々に醤油を食べることが出来て、シイタケに付けたり、寿司や、海苔巻きなど醤油を楽しみました。

他に熟成醤油が見当たらないので、愛用品になると思います

アレルギーがあると、熟成期間が記載されていなければ怖くて購入出来ません。

 

よりアレルギーが強い人は、ここのメーカーに5年熟成物があるのでお勧めです。

こちらも抗酸化物質のメラノイジンに期待できます

 

商品説明より抜粋

醸造期間が長く、たんぱく質が完全に分解されているためアトピー体質の方でもたくさんお使いいただいています。

 

マクロビと熟成味噌、醤油

 

私が熟成物を使用している理由は、もちろんアレルギー回避もありますが、陽性でアルカリ食品だからです

陽性酸性食品は、動物性食品で、陰性アルカリ食品は野菜と摂取しやすいのです

しかし陽性+アルカリ性のものは中々ありません。

 

数少ない中で、熟成味噌、熟成醤油、天然塩などが陽性+アルカリ性です。

原料は大豆なのですが、塩分が追加されることで陽性に、熟成されることでメラノジンが増えアルカリ食品となるのだと思います。

 

動物性食品のように元気がもらえて+抗酸化で病気予防、美容にも良い、熟成味噌、醤油は、食べなきゃ損です

日本の伝統食でもあるので、親しみやすく、取り入れやすいです。

問題点は醸造しないで、味付けして作られた偽物品です

見た目は味噌、醤油の様ですが、中身は全く違うもので、逆に健康を害するものもあるので要注意。

余計なものが入ってない(大豆、塩、こうじ)+長期発酵、熟成している物が本物です

 

 

今度試してみるもの

 

味噌、醤油を久々に食べたモノの、味噌は赤みそだったので満足できませんでした。

10年熟成味噌は、ネットの無印良品に、岩手県産の10年熟成味噌があるのでそれも試します

 

岩手県花巻市 十年熟成みそ 300g 通販 | 無印良品

 

これも赤みそなんだよなぁ・・・苦手な味。

 

他にも、2、3年物の熟成味噌もアレルギーが出ないか試してみる予定です!

 

 

 

今年はみそ汁や、豚汁など、味噌を食べたいなぁ。

 

 

 

梅干しも、アルカリ性で陽性で貴重な食べ物です。

これは菌で熟成してないので、たんぱく質が分解されていないと思うのでアレルギーが出そうだが・・・。

3年熟成しているので、アレルギーが出ないかもと、試してみます

 

日本人には本物の、味噌、醤油、梅干しは欠かさず食べましょう。

余計な物が入っていたり、減塩、食品添加物、着色料、人工甘味料、タンパク加水分解物などなどには健康効果は望めません。