アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

病気の原因、酸化と冷え

こんばんわ、ものです

今日は病気の全体像を話していこうと思います

今現在情報をまとめて、書籍の原稿を書いている最中ですが、そこでも様々な発見があります。

健康問題において重要なのは、根幹に、【酸化】【冷え】がある事です。

今現在原稿を書いていて、15万文字超えるかなぁという感じですが、中身は全部

【酸化】【冷え】

から枝分かれしたモノです。

 

例えば、睡眠不足は体に悪い

ジャンクフードは体に悪い

運動不足は体に悪い

野菜を食べましょう

 

など様々な情報がありますが、全ては酸化するからです。

年を取る事も酸化で、健康問題の根幹は酸化(老化)です

 

栄養素、このビタミンが良いという情報、ミネラルが大事と言う情報も酸化の事を意味しています。

酵素を働かせ、抗酸化作用を働かせているからです

ですから15万文字を超えそうですが、中身は結局、抗酸化するため、酸化しないための話です

この栄養素が、この食べ物は酸化するから体に良くない、

酵素を働かせるには、

体が酸化するリスクなどなど

 

健康情報は、情報が錯綜してますが、【酸化】【冷え】と言う事を中心に考えると混乱しなくなります

 

そう考えると、酸化の食べ物である、動物性は悪という話になり、様々な情報、マクガバンレポートでも肉食は否定されている。

しかし食べすぎ偏りが悪いのであって、動物食は貴重な陽性食品

自分の目的で肉食を断つのは個人の自由ですが、しっかり抗酸化することで動物食は食べてもいいんです。

 

もう一つ【冷え】というのは別名陰性体質の事

こちらはある程度の陰性体質なら、動かないタイプで思慮深く、学者 芸術家、作家、音楽家など体を動かさず、思考を動かす能力が高いタイプ

逆の陽性体質は頭を使うのが苦手で、体を動かすタイプ

この両方のバランスが取れている状態が、最もよい。

 

この陰性体質は、陽キャラではなく、落ち着きがあり、クールなタイプですが、陰性が過ぎると、人とコミュニケーションが取りにくく、動物的では無くなってくる表情が無い、クール。

 

しかし今現代の食生活では、冷えと酸化はセットになりやすく、ただ動かないニートタイプが圧倒的に多い。

動かないタイプで思慮深く、学者 芸術家、作家、音楽家など体を動かさず、思考を動かす能力が高いタイプは陰性だが、酸化してない人たち。

現代の食生活では、甘い物(陰性、酸性)を摂取している人が多く、野菜(陰性、アルカリ性)を中心にする人は、強い意思がある人だろう

 

ここまで話してきて、酸化することにメリットは無い。

しかし陰性で酸化を防ぐことで、思考を動かす能力が高まる。

宗教家、芸術家などに菜食主義が多いのはその為で、特別な目的が無い限り菜食は勧められない。

動かないで思考する系の人は、菜食がオススメだが、日本食には素晴らしい食べ物がある。

陽性かつアルカリ性の、熟成味噌、醤油などです

他にも漬けてある魚など、動物性でも発酵させたものは抗酸化作用が強いのでオススメ

動かないのでたんぱく質の必要量は少ないですが、それでもリスクなく摂取できるなら食べた方が良いです。

 

過去の日本が、小さな島国で強大な力を持っていた理由にも食生活が大きいでしょう

私は人の能力、容姿から食べ物で出来ていて、その人の集合体が国ですから

昭和の食生活を見ると、みそ汁、野菜、漬物は定番で、非常に良い食生活です

漬物、梅干しも、陽性アルカリ食品ですから。

 

しかし現代では、味噌、醤油、漬物、梅干しといった、最重要食品は偽物になってしまいました。

量産するためにしっかり、発酵熟成していない味噌、醤油

甘味料、タンパク加水分解物、着色料、減塩など毒素の入った有害な漬物

 

今の時代、気が付いて、学んで、本物を求めないと手に入りません

ネットで探すと、昔からの製法で、本当の体に良い食材を作っている人たちがいます。

そちらを主流にして、お金儲け量産の偽物商品を排除しなければ、個人の能力が下がり、国力は下がり、病人は増え、何だか調子が悪い、精神が安定しない、不幸な人たちは減らないでしょう。

食生活という土台を治さなければこの国にも未来は無いでしょうね。

こういう事が世間は知らないで、酸化食品 ファーストフード 冷凍食品 動物性への偏り、お菓子、甘い物、スイーツなどに毒されてしまっています

もうどうしたものか・・・という状況ですね。