アスペルガー男のブログ

アスペルガー、双極性障害、アトピー、を完治するためのブログ。アスペ的思考で様々な事を書いていきます。

MENU

新型コロナウィルスのワクチン接種について 金属の混入について

こんばんわ、ものです

今回もワクチン接種について考えていきます

私自身も打つか打たないか、悩んでいますので様々な情報を精査していきたいと思います。

世の中でデマと言われるもの、についてもよく考えていきたいと思います。

 

私自身メディア、政府などがデマと決めつけるのは、決定的証拠がないものも多い

つまりデマだ!と言う方がデマと言う事もありますし、実際にデマであることもある

玉石混交の状態でこれは、ワクチンの本当の危険な部分を隠してしまっている

 

例を挙げると次の通り

 

メッセンジャーRNAワクチンを入れると遺伝子が組み替えられる

副反応が強くないと抗体が出来ない

 

私はデマに関して情報不足なのでこれを例に挙げると、ウィルスの遺伝情報を入れて、遺伝子が組み替えられることはない。

これは食べ物を食べたら、遺伝子が変わると言っているようなもの

遺伝子を組み替えるには、遺伝子を切り離したり、再度くっつける必要がある

 

 

デマだと言われ、本当はデマ出なかった情報

 

ワクチンに金属が入っていて、磁石がくっつく。

 

これが本当で今大騒ぎになっています。

元々ワクチンには防腐作用で、水銀、アルミニウムが入っているので(ファイザーには含まれていない模様)、そのせいかと思っていましたが、別物の金属片が入っていたようです(金属の粒)

これはモデルナワクチンで見られ、報告はされてないが、別の件の報告や海外での報告もみれば、混入では無く、もともと入っていたものだと考えられる。(現場で入るわけがない)

 

これは元々入っている水銀、アルミニウムが保管状態の影響で凝固し、粒となって目視できるレベルと考えるのが普通だが、どうもその線が怪しくなってきました

 

その理由は臨床試験での副反応より、実際のワクチン接種の副反応が遥かに多いです

これには様々な専門家も驚いています。

髪が抜ける、続く高熱、だるさ、重大な皮膚疾患など

これは混入している、金属片の金属アレルギーの可能性も考えられます。

私自身が重度の金属アレルギーですが、インフルエンザにかかったような症状と同じなんですよね。

 

免疫細胞の違いでth1はウィルス、th2が花粉、食品、カビなどの免疫で違いはありますが、強い金属アレルギーはウィルス感染に似た症状が出ます

強い金属アレルギーは、私は40度まで高熱が出て、体が震える寒気、歩けないようなだるさ、皮膚のかゆみ、関節の痛みがありました。

これは金属アレルギーのパッチテストで経験しました

金属アレルギーがあると、モデルナは止めた方がいいですね。何の金属か情報がまだ出てきませんし(おかしいですよね)

 

金属アレルギーが出るのに、政府は安全と言っているのも、変な話です

本来は謝罪をしたり、ワクチン接種中止、国民に打たないように訴える場で、安全宣言は異常だと思います

私の地域は新型コロナウィルスが出ていないので、私はワクチンを打っていませんが、周囲は打っています。

周囲を見ていると、金属アレルギーがある人でも、ファイザー社製なら大丈夫そうなので打つ人は選択した方がいいです

 

ちなみにこれは今のところ、デマ情報と受け取って欲しいのですが、、、頭の片隅には入れておいてほしい

私は注射でマイクロチップを入れるという情報を見てから、ワクチンにチップを混入させる恐れを抱いていました(ワクチン接種不安視する一番の理由)

塩つぶサイズのチップを注射で埋め込み 超音波で電力供給と無線通信実現:Innovative Tech - ITmedia NEWS

実際塩粒サイズの、0,1mmのマイクロチップが存在します

このチップで何が出来るか、それは一般人に知る由もないですが、最低監視はできます

 

この話は、頭がおかしいと言われるので、なかなか話せる状況にありませんでしたが、今回可能性が無い事は無くなってきました。

政府の対応が異常すぎますし、混入も不可解ですからね

 

www.gizmodo.jp

別の話ですが、技術的にはこのようなものも10年以上前にあります

 

終わりに

 

かなり不都合な事態が起きてきました

私は大変な事態だと思いますよ

そこから今後起こる事は、この情報を拡散させないようにすることです。

つまりワクチンに金属片混入より、大きな出来事で隠すしかありません

 

何が起きるか、大きな出来事、ニュース、

私は大きな軍事的なニュースがあるのではないかと思います

ワクチン、コロナウィルスの不都合な情報を、上から上書きするには、それ以上の衝撃で塗りつぶすしかない

ウィルスは中国とアメリカの共同開発であり、争っているふりをしているだけです

今アスガニスタンの問題があるが、何かしらの大きな出来事は起こりかねない

バイデン政権の中国企業制裁はポーズだけ?(遠藤誉) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

何故ウィルスの出所を出し渋っているのか、争っている事を演出して一般人の目を欺いている。大国が争う降りの恐怖、ウィルスの恐怖で一般人をコントロールしている

大国はどうもウィルスをばら撒き、ワクチンを打ちたいようで、ここまでくるとやはり粒状のチップが入っているのでは?と思えてくる

 

今後来る新世界、いわゆる新世界秩序実現のためには人口が多すぎる

ベーシックインカムの実現、AIによる社会、AIにより支配者にとって労働者は不必要で消費者のみが必要

その消費者はメディアを鵜呑みにするような従順さが求められるが、ワクチンを打っている人たちはメディアの情報に従順だ。

今後の可能性としてはウィルスの強毒化により、ワクチン未接種者の削除が進むのではないかと危惧し、ワクチン接種が生き渡ったタイミングにウィルスが超強毒化するかもしれない。

あくまで被害妄想的な最悪のケースだが。。。

 

昔から人工削減計画はあった話だが、現実味を帯びてきた

資源確保、環境問題、社会問題(高齢化、社会保障費)ベーシックインカム 管理社会を実現するために